お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

新チャンピオン誕生、初参戦者ぞろいの「言語遊戯王8」

72

昨日2月3日に、東京・中野サンプラザホールにて大喜利カードバトル「言語遊戯王8」が開催され、初出場の東京03豊本が優勝した。

「言語遊戯王」は、せきしろがプロデュース、南海キャンディーズ・山里がMCを務めるカードを使った対戦型大喜利バトル(ルールは文末を参考)。1月3日には、初のテレビ番組化となる「言語遊戯王 THE TV」(テレビ東京・テレビ大阪系)も放送された。

初戦は、11月に開催された「言語遊戯王ヤング杯」で優勝したライス関町と相方の田所、その際初参戦したラバーガールによる本戦への出場権を懸けた特別試合。結果は接戦の末ラバーガールが勝利し、「言語遊戯王の門番」と謳われたライスは早々に姿を消した。

1回戦第1試合は、常連の宮野真守と初参戦のスチャダラパー Bose。互いにリーチで拮抗するも、Boseが上の句のミュージシャンを「給料ドロボウ」呼ばわりした回答がハマり、見事初勝利を飾った。第2試合では同じく初参戦の電気グルーヴピエール瀧がラバーガールに先制点。ラバーガールにリーチのチャンスを与えず、2回戦に駒を進めた。第3試合はしずるのコンビ対決。これまで勝利したことがない池田が「これで本物のしずるがどちらかわかる」と豪語、その勢いで村上を破り「ほらね」と勝利のコメントを残した。第4試合は互いに初参戦の東京03の飯塚と角田によるコンビ対決。飯塚にリーチを許し、あとがない角田が上の句で流れを変えて追いつくも、その句を活かした飯塚に勝利をさらわれた。

2回戦第1試合は、くじ引きでシードを勝ち取った初参戦の東京03豊本がBoseと対戦。リーチ後の2人はなかなかポイントが獲れずもつれた結果、豊本が逃げ切った。第2試合は2連覇中の王者・オードリー若林がシードで登場し、飯塚と対戦。終始リードした若林が最後には「ずっと持っていた」という下の句を見事に決め、貫禄を見せつけた。

準決勝第1試合はピエール瀧がホワイトカードを決め、先に王手。しかし豊本は、数々の名勝負を見てきた山里に「完璧」と言わしめる答えで堂々の決勝進出を決めた。第2試合では若林と池田が、ある政治家の上の句で試合スタート。果敢に攻める若林の勢いに押される形で池田が敗退した。

決勝は3連覇を賭けた若林と、初参戦初優勝を賭けた豊本の戦い。先にポイントを獲得したのは豊本だったが、4点目で若林に逆転を許してしまう。ここで“30代からの基礎化粧品”を売ってもらえない有名人が続き会場は沸くが、試合は大接戦。若林が下の句で流れを変え先にリーチを獲るが、続いてリーチを獲った豊本が、ある“ローマの偉い人”の上の句に対し、有名な“日本のとんち坊主”イラストカードを出し、この日1番の爆笑で優勝を勝ち取った。

新チャンピオンとなった豊本は「ゲームも楽しかったし、優勝もできた。来て良かったです」と喜びのコメント。惜しくも準優勝の若林は「一発KOって感じだった。気持ち良かったです」と潔く負けを認めた。

また今回も全試合に渡って山里が名司会を披露。初出場の出演者が多い中、彼らの魅力を笑いを交えて存分にアピールした。政治家から容疑者まで幅広い上の句の人物も、すべて温かくフォロー。さらに、ももいろクローバーとユーモア軍団(R藤本鬼ヶ島・野田、ライス、せきしろ、バッファロー吾郎・木村)の対決では、ももクロ全員の掛け声を完璧に唱和し盛り上げつつ、いつまでたってもキャラの定まらない軍団メンバーに厳しくも愛のあるツッコミをしながら進行を行った。なお、ももクロとユーモア軍団の対戦のショートレポートも掲載されているので、史上最多人数で行われた珍しい対戦の模様は、そちらでチェックしてほしい。

今大会も数々の素晴らしい試合が繰り広げられた言語遊戯王。新たな人材も発掘し、さらに期待が高まりそうだ。今後の予定は未定となっているが、ファンは次回開催を楽しみに待とう。

東京03豊本、南海キャンディーズ山里コメント

──初出場、初優勝の感想は?

豊本:驚いてます、はい。テレビで見たときは、ゲーム自体が面白そうだなって思ってました。優勝する自信はまったくなかったです。

──初戦の手応えはいかがでしたか?

豊本:面白いカードを自分がボンボン出していって、中盤からもう手持ちにいいのがなくなって息切れした感じでした。

山里:そんな感じ全然しなかったけどね。

豊本:いや、あの時はもうBoseさんでピンポン鳴って勝ってくれって思ってました。家でやってたら超楽しいと思うんですけど、お客さんいるし、ダラダラするのはアレかなと(笑)。

山里:いや飄々とやってるし、しかも答えに深いものが多いんですよね。「うわっ、これ笑いにできるのすごいな」っていうのがいっぱいあったから、言語遊戯王の醍醐味の勝ち方が多かった。どんなカードでも勝てるチャンピオンだなと感じましたね。

豊本:いやいやいやいや(苦笑)。

──決勝進出が決まったときはどう思いましたか?

豊本:「俺で大丈夫かい?」と。でもBoseさん瀧さんと戦ってきたからどっか負けるわけにはいかないというのはありましたけどね。

──最後のカードはいつから持ってたんですか?

豊本:“ローマの偉い人”は最初からいました。最後のカードはそれを出してから来たんです。だから来た瞬間、ニヤついてましたよ。

山里:なるほど! ニヤついてたのは俺見えなかったなぁ。いや、全体通して言葉をこれだけ深く理解している方ってすごいなぁと思いました。カッコよかったです。優勝したあとに東京03のメンバーの人たちが寄ってきて「すごいな!」って言ってるのも素敵でしたね。

豊本:普通のおじさんなんですよね(笑)。

お笑いナタリーをフォロー