うるとらブギーズ「3回くらい卒業してる」∞ホールでの苦難、特集で語る

241

本日8月4日に配信された吉本興業のWebマガジン「月刊芸人」TOKYO版8月号でうるとらブギーズの特集が組まれた。

うるとらブギーズが表紙の「月刊芸人」TOKYO版8月号。

うるとらブギーズが表紙の「月刊芸人」TOKYO版8月号。

大きなサイズで見る(全10件)

今年7月、東京・ヨシモト∞ホールのトップを決めるバトル「ムゲンダイチャンピオンシップ」で優勝したうるとらブギーズ。現在ムゲンダイレギュラー20組の中で最年長、芸歴17年目の彼らが同劇場の頂点に立つのはこれが初めてだった。旧ランキングシステムではなかなか勝ち上がれず、苦しんだ過去も。芸歴制限で劇場を卒業してはルール変更などに伴い戻ってくる、というのを佐々木いわく「3回くらい」繰り返しながらネタを磨いてきた。今回の1位という結果をどんな思いで受け止めているのか、「月刊芸人」が詳しく聞いている。

なおKANSAI版では祇園の特集が公開中。2人は昨年の「M-1グランプリ2020」で初めて準決勝に進出したものの、新型コロナウイルスに感染したため敗者復活戦に出場できなかった悔しさや、当日のこと、2021年下半期以降の目標を語っている。このほか「マンゲキ芸人座談会」にはBerry Better!!からヘンダーソン中村、ジュリエッタ井尻、マルセイユ津田、翠星チークダンス木佐が登場。

この記事の画像(全10件)

関連記事

うるとらブギーズのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 うるとらブギーズ / 祇園 / ヘンダーソン / ジュリエッタ / マルセイユ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。