光浦靖子、デジタルアート展で解説ナレーター担当「大画面で観たら超かっこいい」

1

69

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 7 53
  • 9 シェア

今月7月16日(金)に東京・大手町三井ホールで開幕する美術展「巨大映像で迫る五大絵師 -北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界-」で、光浦靖子が解説ナレーターを務める。

美術展「巨大映像で迫る五大絵師 -北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界-」で解説ナレーターを務める光浦靖子。

美術展「巨大映像で迫る五大絵師 -北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界-」で解説ナレーターを務める光浦靖子。

大きなサイズで見る(全3件)

「巨大映像で迫る五大絵師 -北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界-」会場イメージ。

「巨大映像で迫る五大絵師 -北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界-」会場イメージ。[拡大]

この美術展は、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」、歌川広重の「東海道五拾三次」といった江戸時代の絵師たちによる歴史的作品の数々が、“超高精細デジタルアート”として届けられるもの。光浦が本格的な美術展のナレーションを務めるのはこれが初めてのことで、先日行われた収録では長い美術作品名を読み上げるのに苦労しつつ、作品が映えるナレーションをやり遂げた。

会期は9月9日(木)まで。詳しくはオフィシャルサイトで確認しよう。なお開幕翌日の7月17日(土)に特番「遂に開幕!『巨大映像で迫る五大絵師』に迫る!」(BSフジ)が放送され、光浦も出演する。

光浦靖子 コメント

自分の手芸展示会の時にイヤホンで聴ける案内をコントみたいにやったことはありましたが、こんな公式の美術展覧会で解説ナレーションをしたのは初めてです。ナレーション収録の前に、この五大絵師展の映像を体験したのですが、とにかく面白い! こんな名画で遊べるし、あっと言う間に時間が過ぎてしまいます。風神雷神と若冲が好きで、大画面で観たら超かっこいいです。私たちはほとんどのモノをいっぱい見てるから、どこかで既視感があるんです。だけど、巨大映像で初体験できたことがうれしい。もう興奮して、興奮して、一瞬泣きそうになるところもありました。あまり構えず、想像せず、体感したほうが絶対楽しいです。絵画を見るではなく、されるがままにジェットコースターに乗っている感覚で“体感”する五大絵師展を楽しんでください。

この記事の画像(全3件)

遂に開幕!「巨大映像で迫る五大絵師」に迫る!

BSフジ 2021年7月17日(土)16:00~16:55
<出演者>
尾上松也 / 小林忠
スペシャルサポーター:光浦靖子 / 和田彩花 / 鳥越俊太郎
番組ナレーター:光浦靖子 / 久慈暁子(フジテレビアナウンサー)

全文を表示

読者の反応

  • 1

お笑いナタリー @owarai_natalie

光浦靖子、デジタルアート展で解説ナレーター担当「大画面で観たら超かっこいい」(コメントあり)
https://t.co/QFTRZiOwmz https://t.co/37XIUgsYK1

コメントを読む(1件)

光浦靖子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 光浦靖子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。