シソンヌじろう、Huluの映像クリエイター発掘プロジェクトで審査員

139

シソンヌじろうが、35歳以下を対象とした映像クリエイターの発掘、育成プロジェクト「Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ(HU35)」の審査員に就任した。

左から沖田修一、橋本愛、本谷有希子、シソンヌじろう。

左から沖田修一、橋本愛、本谷有希子、シソンヌじろう。

大きなサイズで見る(全2件)

藍にいなの描き下ろしイラストを使用した「Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ」ビジュアル。

藍にいなの描き下ろしイラストを使用した「Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ」ビジュアル。[拡大]

じろうのほか、沖田修一橋本愛本谷有希子が審査員に名を連ねている同プロジェクトは、若きクリエイターと共に新しいエンタテイメント作品を発信することを目指して動画配信サービス・Huluが新たに立ち上げたもの。複数回の選考を経て選出された5名のファイナリストが制作費1000万円とプロの映画制作チームのサポートを受けて短編を制作する。この5作品は、その制作過程に密着したドキュメンタリー番組と併せて2022年春にHuluで独占配信され、最終審査によってグランプリ作品が決定。グランプリには賞金100万円とHuluオリジナル新作の監督権が贈られる。

脚本家としても活躍するじろうが本格的な審査員を務めるのは今回が初めて。「人を笑わせるのが好きですし、自分自身が笑うのも好きです。自分の中に相当な数の笑わせ方のデータがあると思うのですが、映画を見ていると、訳もわからず笑ってしまうことがあります。まだ僕の中に突っつかれていないツボがあるようなのです。僕の知らない面白いを教えて下さい。目を見てはっきりと『面白かったです』と伝えたいです」とコメントし、新しい発想との出会いに期待を膨らませている。

この記事の画像(全2件)

関連記事

シソンヌのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 シソンヌ / 本谷有希子 / 沖田修一 / 橋本愛 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。