麒麟川島&ノンスタ井上「七つの大罪」で魔神役、2人に合わせた描き下ろしキャラ

162

7月2日(金)に全国公開される「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」に麒麟・川島、NON STYLE井上がゲスト声優として参加する。

(上段左から)麒麟・川島、倉科カナ、NON STYLE井上。下段はそれぞれが声を当てるキャラクター。

(上段左から)麒麟・川島、倉科カナ、NON STYLE井上。下段はそれぞれが声を当てるキャラクター。

大きなサイズで見る(全2件)

これは鈴木央の同名マンガを原作としたアニメ「七つの大罪」シリーズの劇場版第2弾。7人の大罪人により結成された“七つの大罪”が世界の危機に立ち向かう姿を描く。

川島と井上が声を当てるのは、“十戒”と呼ばれる10人のキャラクターの1人であるゼルドリスに仕える魔神。鈴木が2人に合わせて描き下ろしたキャラクターだという。川島は「大好きな作品に自分の声が関われると知ってこれ以上ない幸福感に包まれております」、井上は「大好きなアニメの声をやらせていただけるなんて光栄すぎる。芸能界に入ったときの夢の1つが、アニメの吹き替えすることでした。夢を叶えてくれた『七つの大罪』に感謝しかない!!」とコメントした。

なお倉科カナもゲスト声優として出演。ヒロイン・エリザベスの母であり、女神族を統率する“最高神”の声を担当する。

麒麟・川島 コメント

大好きな作品に自分の声が関われると知ってこれ以上ない幸福感に包まれております。アフレコ収録の際はメリオダスやホークの顔を思い浮かべながら7つののど飴を食べて挑みたいと思います。同じゲスト声優のNON STYLE井上くん共々よろしくお願いいたします!

NON STYLE井上 コメント

まさか! まさか! 大好きなアニメの声をやらせていただけるなんて光栄すぎる。芸能界に入ったときの夢の1つが、アニメの吹き替えすることでした。夢を叶えてくれた「七つの大罪」に感謝しかない!! メリオダスとエリザベスの邪魔だけしないようにがんばります^_^

倉科カナ コメント

「七つの大罪」はアニメもマンガも拝見していて、まさか自分がその世界に入ることができるなんて夢のようで、お話をいただいたとき年甲斐もなく飛び跳ねて喜びました!! オファーいただいたときは、ただただ嬉しかったのですが、時間が経つにつれプレッシャーに襲われています。錚々たる声優さんたちの中に入るのですから、世界観を崩さぬよう気を引き締めてアフレコに参加させていただきたいと思います!

この記事の画像(全2件)

(c)鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

麒麟のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 麒麟 / NON STYLE / 倉科カナ / 劇場版 劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。