ライセンス藤原「ガキ使」ロケで骨折「自分の身体の衰えに対応できず」

457

ライセンス藤原が「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)のロケ中に左鎖骨遠位端を骨折したことを、本日3月4日に日本テレビが発表した。

ライセンス。左が藤原。

ライセンス。左が藤原。

大きなサイズで見る

藤原は昨日3月3日、ソフトボールの企画に参加中、一塁へ走り込もとうした際にバランスを崩して左肩から地面に転倒。最寄りの病院で診察、応急処置を受けたあと、改めて都内の病院にて診察を受け、左鎖骨遠位端骨折と診断された。近日中に手術を受ける予定で、医師によると2週間程度で日常生活には支障のない状態に回復するとのこと。仕事には医師の指導に従って回復の具合をみながら徐々に復帰していく。

今回のケガについて藤原は「43歳の中年芸人が自分の身体の衰えに対応できず、ケガするというベタなあるあるをやってしまいました。僕の役回り的に絶対ケガをしてはいけないポジションなのにこの有様。皆様、オンエアを観て『お前、この企画でケガしたらアカンがな!』とツッコミを入れていただけたらと思います!」とコメント。また日本テレビは「ケガをされた藤原さんをはじめ、関係者の方々、ご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます。ロケに際しては、野球経験者による準備運動を入念に行いましたが、今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」と謝罪している。

ライセンス藤原 コメント

43歳の中年芸人が自分の身体の衰えに対応できず、ケガするというベタなあるあるをやってしまいました。僕の役回り的に絶対にケガをしてはいけないポジションなのにこの有様。皆様、オンエアを観て「お前この企画でケガしたらアカンがな!」とツッコミを入れていただけたらと思います! 治療してすぐ戻ってきます。関係各所の方々にご迷惑をおかけしているとともに、対応していただいていることに感謝申し上げます。

ライセンスのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ライセンス の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。