志村との共演やM-1も、大平サブローが36個の夢プロジェクト発表

11

本日11月30日に大平サブローが「これやりたかってん!サブローの夢・カム・トゥルー」の発表を行った。

36周年をきっかけに「これやりたかってん!サブローの夢・カム・トゥルー」をスタートさせる大平サブロー。ブログでは「やすし師匠や三枝師匠など、おなじみのモノマネ以外に、新しいレパートリーを5~6個増やしたい」と語った。(c)吉本興業

36周年をきっかけに「これやりたかってん!サブローの夢・カム・トゥルー」をスタートさせる大平サブロー。ブログでは「やすし師匠や三枝師匠など、おなじみのモノマネ以外に、新しいレパートリーを5~6個増やしたい」と語った。(c)吉本興業

大きなサイズで見る

これはサブローが芸能生活36周年を迎える2011年の1年間を通して行うプロジェクト。サブローは先日、初主演舞台「あかんたれ芸人の詩」を発表したばかりだが、これの舞台も含めて36個のチャレンジをしていくことを表明した。

会見では「1回の記念イベントで終わる人も多いが、1年間にいろんなチャレンジをするのも面白いと思い、いろいろアイデアを出してみた」とコメント。まず「最大の夢」として、志村けんとのNGKでのコント共演プランを発表した。「普段からお付き合いさせていただいているが、大阪の舞台にはなかなか出ていただけない方。一緒に舞台に上がれたら、オチのところで号泣してしまうかも」と、志村への敬愛ぶりを興奮気味に語った。

また、来年2011年の「M-1グランプリ」挑戦も掲げ、「まずは相方を探しているところ」と、共演の多い桂雀々や、横山やすし・西川きよしの漫才を一緒に披露することもある西川きよしの名前を挙げた。

そのほか、島田紳助と「一緒に旅に行こう!」と盛り上がったという年齢が同じ芸人たちとのプランや、得意のマラソンを活かした企画、スポーツドリンク「サブローウォーター」の開発・プロデュース、“乗り鉄”(列車に乗ることを趣味とする鉄道マニア)という息子との鉄道旅行など、すでに多くの夢を考案している様子で、今後決定次第発表される予定となっている。

2011年1月1日からは、ブログポータルサイト「ラフブロ」にて「サブローブログ」がスタート。最新情報がアップされるほか、「365日365モノマネ」と題し1日1モノマネを動画配信する挑戦も行うので、気になる人は毎日チェックしよう。

関連記事

大平サブローのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 大平サブロー / 志村けん / 島田紳助 / 西川きよし の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。