千鳥ノブが大悟の指示でTKO木下に生インタビュー、消沈した木下の顔で4時間特番終了

1139

昨日9月20日、「チャンスの時間 ABEMA 4周年&千鳥40歳 4時間生放送で愛の4倍返しスペシャル!」がABEMAで生配信され、千鳥ノブがTKO木下にインタビューを行った。

真剣な眼差しのTKO木下。(c)AbemaTV,Inc.

真剣な眼差しのTKO木下。(c)AbemaTV,Inc.

大きなサイズで見る(全10件)

千鳥ノブのインタビューを受けるTKO木下。(c)AbemaTV,Inc.

千鳥ノブのインタビューを受けるTKO木下。(c)AbemaTV,Inc.[拡大]

番組では目玉企画としてTKO木下とのツーショットインタビューの場を用意。千鳥の2人のうちどちらがインタビュアーを務めるかは視聴者投票に委ね、ノブが69%、大悟が31%という結果でノブが担当することになった。フリーになってからYouTube以外のメディアにほとんど露出していない木下に会うのは約1年ぶりだというノブ。「笑えないと思う、本当に!」と緊張感を持って木下が待つ別室へ向かった。

TKO木下と千鳥ノブのツーショットインタビューの様子。(c)AbemaTV,Inc.

TKO木下と千鳥ノブのツーショットインタビューの様子。(c)AbemaTV,Inc.[拡大]

木下は今回の機会に感謝し、どんな質問でも真摯に答えるつもりだと真剣な面持ちでノブに対応。ピリッとした空気が漂う中、ノブはスタジオでモニタリングしている大悟から届く指令に耳を傾けながら笑いをこらえるのに必死だ。まずは大悟の指示通りにたっぷりと沈黙してから、「サンダルで来たんですね。そういうところかもしれません」と厳しい言葉を投げかける。すると木下の表情が一気にこわばり、スタジオは大きな笑いに包まれた。

その後は木下にまつわる騒動の真偽を確かめるべく通常通りにインタビューを進行。しかし大悟はノブにペットボトルの飲料を手に取らせて事件を思い起こさせる素振りをさせるなど随所に演出を加え、そのたびに木下は絶妙な顔つきに。極めつけは、別の企画でGAG坂本が使用していた「ハリー・ポッターに出てくる屋敷しもべ妖精」の面を木下に装着させたシーン。よかれと思って面を着けた木下が「まだふざけるときではない」と注意され、静かに面を外すさまに感銘を受けた大悟は別の方法でもその表情を引き出すことに成功。大悟の期待通りに、消沈した木下の顔面をアップで映す異様な映像のまま4時間の生配信は終了を迎えた。

「ノブmeetsヤバイ芸能人 初めての漫才グランプリ」様子。(c)AbemaTV,Inc.

「ノブmeetsヤバイ芸能人 初めての漫才グランプリ」様子。(c)AbemaTV,Inc.[拡大]

ABEMAビデオでは番組アーカイブを期間限定で無料配信中。このインタビューや木下の楽屋前から中継を担当したザ・マミィ酒井の奮闘の様子を、「キングオブコント2020直前 このカマシいけます?選手権」「ノブmeetsヤバイ芸能人 初めての漫才グランプリ」「愛王決定戦SP」といったほかの企画と併せて楽しもう。

この記事の画像(全10件)

千鳥のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 千鳥 / TKO / ザ・マミィ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。