「くだらないことを一生懸命本気で書くだけ」作家・見取り図盛山に密着、〆切前日まで0文字

1266

見取り図・盛山が明日9月15日(火)深夜放送の「OFLIFE」(MBS)で特集される。

喫茶店でエッセイ執筆に取り組む見取り図・盛山。

喫茶店でエッセイ執筆に取り組む見取り図・盛山。

大きなサイズで見る(全4件)

「小説幻冬」で連載している盛山のエッセイ。

「小説幻冬」で連載している盛山のエッセイ。[拡大]

今年5月に「小説幻冬」(幻冬舎)でエッセイ連載「しばけるもんならしばきたい」をスタートさせた盛山。読書家でもなく、これまで文章の執筆で収入を得た経験もなかった。番組ではそんな盛山が次のエッセイ執筆のためテーマ探しに出る姿を追う。「文章に自信がないので、ただただくだらないことを一生懸命本気で書いているだけ」という盛山は何を目標として執筆に励んでいるのか。

地元・堺市でエッセイのテーマ探しをする見取り図・盛山。

地元・堺市でエッセイのテーマ探しをする見取り図・盛山。[拡大]

「小説幻冬」副編集長の黒川氏は「言葉の選び方がすごく面白い」「『あたおか』など強い言葉を見出す力はすごくあるんだろうな」と見立てて盛山に声をかけた。エッセイの読者である先輩芸人の藤崎マーケット・トキは「嘘もなく、本当に面白いと思ったものを書き殴っている」と評価している。締め切り10日前、盛山は行きつけの喫茶店にいた。こうして締め切りに追われることを「カッコいい」と感じながら、この日はおじいさんの落書きをしただけで作業を終える。締め切りまであと4日、いまだにテーマが見つからない盛山が向かったのは、地元の大阪・堺市。気温38度超えの中、休憩で入った喫茶店でアイスコーヒーを一気飲みし、そのときの「快感」をテーマに書くと決めた。

自身のエッセイが載った「小説幻冬」を読む見取り図・盛山。

自身のエッセイが載った「小説幻冬」を読む見取り図・盛山。[拡大]

締め切り前日、いつもの喫茶店にいた盛山はまだ一文字も書いていない。しばらくすると、ふと何かがひらめいたように手が動き始め、迷うことなくスマホを打ち続けた。書き始めてからおよそ35時間、原稿が完成。最後の大きな山場は担当編集者のチェックだ。修正会議を経て、どんな原稿が仕上がったのか。

OFLIFE

MBS 2020年9月15日(火)26:14~26:45

この記事の画像(全4件)

関連記事

見取り図のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 見取り図 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。