「お笑いバイアスロン2020」優勝は敗者復活プロパン7、同率1位で初恋クロマニヨンと決選投票

87

昨日8月29日、「エッカ石油 お笑いバイアスロン2020」の決勝が行われ、プロパン7が優勝した。

「お笑いバイアスロン2020」のファイナリストたち。

「お笑いバイアスロン2020」のファイナリストたち。

大きなサイズで見る(全5件)

「お笑いバイアスロン2020」で優勝したプロパン7。

「お笑いバイアスロン2020」で優勝したプロパン7。[拡大]

QAB琉球朝日放送が2013年から開催している「お笑いバイアスロン」は、コントと漫才の総合力を競う“お笑い総合王者決定戦”。今回はしんとすけ、カシスオレンジ、知念だしんいちろう、太陽君とそよ風ちゃん、ベンビー、太陽コンパス、そして前回王者の初恋クロマニヨンが決勝へ駒を進め、プロパン7は敗者復活を勝ち上がって彼らと相まみえた。

優勝したプロパン7。左からじゅぴのり、けいたりん。

優勝したプロパン7。左からじゅぴのり、けいたりん。[拡大]

コントと漫才の得点を合計すると、プロパン7と初恋クロマニヨンが大会史上初の同率1位に。審査員による決選投票を行い、プロパン7はすべての票を集めて自身初のタイトルを獲得。信じられないといった表情を見せながら、「17年目にしてやっと初タイトルを取れました! 最高です!!」と喜びを爆発させていた。

東京でリモート審査した放送作家たち。

東京でリモート審査した放送作家たち。[拡大]

8回目を数える今大会は沖縄・タイムスホールにて無観客で開催され、審査を務めた伊藤正宏、内村宏幸、鮫肌文殊、高須光聖、中野俊成の放送作家5名は東京からリモートで彼らのネタを見守った。

審査員 コメント

高須光聖:面白いですねお笑いって。落ちた人がこうやって敗者復活からチャンピオンになるってことがあるんですよね。まさかと思っていましたが、やっぱ面白かったです。勢いがありました。本来ならばお客さんがいて、アクリル板がなければもっと違う展開になったんちゃうかなと思うところがたくさんあったんで。来年はぜひ沖縄で、皆さんのネタを目の前で見ながら審査させて頂きたいと思います。

内村宏幸:こちら東京の審査員席が図書館並に静かなところでして……。まあその分、会場の雰囲気に左右されないで厳選な審査ができたと思います。来年は絶対にそちらで審査できればと思います。お疲れさまでした! 皆さん。

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

リンク

(c)QAB琉球朝日放送

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。