中川家、テンダラー、ノンスタが今見てほしい過去ネタ厳選、「運命変えた」裏話も

419

「MBS That's!オール漫才」(MBS)の第2回が5月31日(日)に放送される。

中川家、テンダラー、NON STYLE。

中川家、テンダラー、NON STYLE。

大きなサイズで見る(全2件)

数多くの漫才番組を制作してきたMBSがそのライブラリに残る3594本(番組調べ)の貴重な漫才映像を届ける「MBS That's!オール漫才」。今回は中川家テンダラーNON STYLEがMBSで披露した漫才リストの中から「これぞ今見てほしい」という4本を自らセレクトする。彼らがMBSに初めて登場した際の映像も必見だ。

中川家は「打ち合わせ通りやってない」とアドリブ満載の当時の掛け合いに驚き。礼二が「兄弟やからこんなことができるんやろな」と述べると、剛も「他人やったら大ゲンカ」とうなずく。また礼二が長年疑問に思っていた剛のしぐさの謎が明らかに。

テンダラーが選んだのは浜本が「運命を変えた」という漫才。浜本がビートたけしに声をかけられたとき、うれしさのあまりにやってしまったエピソードを併せて語る。白川は「ネタの最中にけっこう動いている」と打ち明けるが、浜本はそれに気づいていなかった様子。白川が息が切れるほど動くという芝居を再現するが……。

NON STYLEは激しい動きの漫才をチョイスし、「20代だからこそできた」と口をそろえる。「M-1グランプリ」決勝へ行くためにウケるネタを詰め込んだという意欲作や、井上がナルシストを発揮するネタの代表作も発表。それぞれが語るネタの解説や裏話にも期待しよう。

MBS That's!オール漫才

MBS 2020年5月31日(日)15:00~17:00

この記事の画像・動画(全2件)

中川家のほかの記事

リンク