お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

吉本の“新看板”就任、中川家と海原やすよ ともこがNGKでお披露目

2285

中川家

中川家

中川家海原やすよ ともこが既報のとおり吉本興業が運営する常設劇場の“新看板”に就任。本日3月1日に大阪・なんばグランド花月にて「新看板お披露目特別公演」が行われ、2組がその舞台に立った。

同じ兄弟コンビで、同期としても知られる2組が新看板に就任したことを記念した本公演。まずは西川きよしが登場し、「自分も昭和41年に漫才を始めたばかりの頃はトリに憧れていた。これからこの2組も責任重大ですが、ご贔屓によろしくお願いします」と観客に挨拶した。

そしてかまいたち、霜降り明星、桂小枝、和牛、笑い飯、ザ・ぼんち、オール阪神・巨人という豪華な芸人たちがネタを披露したあと、いよいよやすともがステージに姿を見せると会場からは大きな拍手が。プライベートでも親交の深いミルクボーイのツカミを使って新看板をアピールし、大阪の人たちを題材にしたネタでしっかり笑いを取った。1回目のトリを務めた中川家は新幹線のトイレ、大阪のオッチャン、オバチャンといった得意のモノマネを出し惜しみなく連発。息ぴったちの掛け合いでも爆笑を起こした。

なお、公演のあとには取材の場が設けられる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から中止となった。また明日3月2日(月)から当面の間、吉本興業の主催イベントは同様の理由ですべての公演が中止もしくは延期される。詳しくは各劇場のオフィシャルサイトで確認を。

お笑いナタリーをフォロー