大久保佳代子「健気な女性に見えたらいいな」事件の鍵握る居酒屋店主役

93

明日12月15日(日)にドラマ特番「警視庁・捜査一課長 スペシャル」(テレビ朝日・ABC系)が放送され、大久保佳代子が登場する。

「警視庁・捜査一課長 スペシャル」に出演する大久保佳代子(左端)ら。

「警視庁・捜査一課長 スペシャル」に出演する大久保佳代子(左端)ら。

大きなサイズで見る(全4件)

大久保佳代子

大久保佳代子

これは叩き上げの捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの奮闘を描く人気シリーズの最新作。作中で大岩は、IT企業のカリスマ経営者・漆原幸利(尾美としのり)が食い逃げした挙句、何者かに殺される、という不可解な事件に挑む。大久保が演じるのは東京・浅草であんこう鍋が名物の居酒屋「屋台村の佳代姉さん」を営む宮沢佳代役。漆原に食い逃げされたほか遺体の第一発見者となり、さらに思いがけず事件に巻き込まれる役柄だ。

あんこうのイラスト入りエプロンと三角巾を身に着け、下町の庶民派女性に徹した大久保。内藤らに事情を聞かれるシーンだけでなく、事件関係者を追跡するシーンなどに臨み、「一生懸命に生きている健気な女性に見えたらいいなと思いながら演じました」と話す。大久保はまた「宮沢佳代は事件の鍵を握っています」と宣言し「今回の事件のトリックは、とても難解だと思います。宮沢佳代の言動にヒントがあるので注目してもらえると……」と自身の演技から目が離せないことをアピールした。

(左から)ナイツ塙、内藤剛志、とよた真帆。

(左から)ナイツ塙、内藤剛志、とよた真帆。

内藤は大久保の演技について「多くの皆さんは、大久保さんに面白い人という印象を抱いていると思いますが、本作では“どこにでもいる市井の女性”を自然に演じていらして、その存在が当たり前であればあるほど、物悲しさが際立っていました。決してコメディリリーフではなく、事件に巻き込まれていく、気のいい居酒屋店主という役になりきってくださいました」と評価。さらに「面白くやろうとするのではなく、きちんと演じる側、つまり女優として撮影に取り組んでくださって、まさに完璧でした」と絶賛する。そんな大久保と、従来どおり出演するナイツ塙との掛け合いもお楽しみに。

この記事の画像(全4件)

警視庁・捜査一課長 スペシャル

テレビ朝日・ABC系 2019年12月15日(日)21:00~23:05

大久保佳代子のほかの記事

リンク

(c)テレビ朝日