お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

RG&せいや、熱いドキュメンタルファンたちに感動「うれしくなりました」

193

左から霜降り明星せいや、レイザーラモンRG、IMALU。

左から霜降り明星せいや、レイザーラモンRG、IMALU。

「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」の無料招待イベント「お笑いナタリーのドキュメンタル!万才」が昨日11月18日、東京・東京カルチャーカルチャーで開催され、「ドキュメンタル」シーズン3よりレイザーラモンRG、シーズン7より霜降り明星せいやが登壇。MCとしてIMALUも参加し、会場に集まった約80名のドキュメンタルファンと盛り上がった。

「ドキュメンタル!万才」は、ゲストと観客が「ドキュメンタル」にまつわる企画で交流するイベント。オウム返しする猿のおもちゃ、カレーの消しゴム、びっくりチキンといったドキュメンタルファンにはおなじみのアイテムや、松本人志の等身大パネルが展示され、来場者たちは写真撮影を楽しみながら開演を待つ。

イベントが始まり、出演者たちが登壇すると客席からは大きな拍手と歓声が。ドキュメンタルでも披露している“今昔庵のマスター”のモノマネで登場したRGは「IMALUちゃん、今ここで新たに今昔庵を始めたよ」とうそぶき、せいやから「今昔庵はここまで席数ないです! 胸にこんないっぱいペン差して何に使うんですか!」とツッコまれた。

最初のコーナーでは、過去シリーズの名場面を上映しながらトーク。東京ダイナマイト・ハチミツ二郎がイスから落下したシーン、野性爆弾くっきー!がTENGA EGGを頭に被って登場したシーン、オードリー春日がカレー消しゴムを使用したシーンが次々と流されると一同は「この顔アウトでしょ! 笑ってるやん!」「モザイク薄いって!」「(フットボールアワー)後藤さんのツッコミがヤバい」などと感想を述べながら大盛り上がり。またロバート秋山とケンドーコバヤシがシーズン3で見せたマッサージコントの話題になると、RGは「コバヤシさんが秋山に『俺をイカせてもええから』って言いながらゾンビルームを出ていくところがめっちゃカッコよかった」と裏話を明かす。

どのような戦い方が有効なのかという話では、せいやが「誰かが攻めてるときにハプニングが起こると笑ってしまう。僕が電話でデリバリーを頼んでるときにフット後藤さんが笑ったシーンも、僕は必死なだけなんですよ。一生懸命やってるとたまに“ドキュメンタルの神”的なものが降りてくると思います」と持論を展開。RGも「笑いに一生懸命な奴が勝てる競技だと思います」と同意し、さらに「あとで見直したときに、自分のところで松本(人志)さんが笑ってると小さくガッツポーズしますね」と挑戦者ならではの喜びを語った。

来場者のアンケートをもとに作成したランキングのコーナーでは「過去シリーズのMVP」「今後出てほしい芸人」といった項目の順位が発表された。「誰が出てきたら負けを覚悟するか」という話題になると、RGは「神奈月さん。モノマネの人が出てきたらヤバい」と回答し、せいやも「僕もコロッケさんはヤバいかなと思いました。五木ひろしさんのマネとかを本意気でやられたらめっちゃおもろいと思います」と同調。さらに「コロッケさんはディフェンスのときに美川憲一さんになるから絶対に笑わない」「清水アキラさんとかモノマネ四天王に出られたらキツい」と妄想トークを繰り広げた。

続いて来場者からも質問を募ると、「せいやさんの鼻水がずっと右からしか出ていないことをフット後藤さんが指摘するシーンがありましたが、本当にいつも右からしか出ないんですか?」「ドキュメンタルあるあるを教えてください」といったファンならではの質問やリクエストが飛び出す。「ドキュメンタルに推薦したい後輩芸人はいますか?」という問いには、RGが「見取り図・盛山。ツッコミで笑いが取れますから。あとはコウテイ、おいでやす小田」、せいやが「個人的に蛙亭。岩倉は大喜利強いし、中野くんも面白い」と回答。またIMALUが「出たら一番盛り上がると思う大物芸人さんは?」と聞くと、伊東四朗、中山秀征、志村けんの名前が挙がる。

RGとせいやが仕掛ける笑いに観客が5分間耐える、ドキュメンタル疑似体験企画も。ここでは、せいやが「今日、芸人を辞めようと思っている三四郎・小宮さん」を披露したことに呼応し、RGも「今日、プロレス界を辞めようとしている天龍さん」「今日、アーティスト活動を辞めようとしている佐野元春さん」で畳みかける。さらに、せいやが「今日、海山商事を辞めようとしているアナゴさん」を繰り出すと、多数の観客から笑いが漏れ出した。その後、RGが肉まんのおもちゃを胸にあて、せいやがそれを無言で揉むやり取りで5分間の演技が終了。IMALUは「本当に疑似体験でしたね! シーンとした空間が笑いたくなるんですよ。(小道具を)準備してる時間もクスクスしちゃう。これを6時間やるのはすごいです」と感心する。

最後に行われた企画は、観客がチームに分かれて争う「チーム対抗ドキュメンタルクイズ大会」。「ダイアン・ユースケが扮したキャラの名前は?」「このシーンでせいやはなんと言った?」などの難問にギブアップするチームが続出する中、正解を重ねて優勝した強豪チームには記念品が贈呈された。エンディングで、せいやは「こんなにドキュメンタル好きな人がいるんだと思って、お笑いやってる身としてはうれしくなりました。『左寺実のる』当てる!? こういう方々を喜ばせるためにがんばりたいですね」、IMALUは「皆さんのファン具合が素晴らしかったです。もう1回ドキュメンタルを見直したくなったし、次のシーズンも楽しみです!」とコメント。RGは「ドキュメンタルに出られる俺らって選ばれし者やったんやなと思いました。もっと敬いや!」と語勢を強め、せいやから「あれ!? 急に態度悪くなった!」とツッコまれた。

イベントの様子はライブナタリー実況アカウントでも紹介しているのでチェックしてみては。11月24日(日)には同会場でハリウッドザコシショウ、かまいたち、青山テルマを迎えた「ドキュメンタル!万才 シーズン2」が行われる。

お笑いナタリーをフォロー