お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ヒロシが1人で生きる術伝授、9月に山購入「47歳独身。今が青春、ときめいている」

291

ヒロシが自著「ひとりで生きていく」(廣済堂出版)を本日11月2日に発売し、東京・八重洲ブックセンターにて出版記念サイン会を開催。イベント前に行われた囲み取材に応じた。

47歳独身、彼女なしのヒロシが群れずに楽しく生きる術を綴った本書。自然体で、居心地のいい毎日を送るヒントが満載の“サバイバル教本”だ。ヒロシは「結婚して子供を作ることが“普通”と思われているけど、中には僕のように疑問を感じている人もいるんじゃないかという思いが年々強くなってきた。1人でも大丈夫、楽しめるんじゃないかということを具体的に書きました」と内容について説明する。

「ネガティブって悪い言葉のように言われますけど、それでもいんじゃない?って僕は思う。人を変に信用するから『裏切られた』と感じる。僕は『親友』という言葉を使わないようにしていて。友達ってそのときの状況で変わっていくものだから、『親友』という言葉自体が嘘だと思う」と持論を展開。タイトルも「ひとりで生きていく」という力強い宣言だが、報道陣に「一生独身?」と問われると「はい」と潔く返しつつ、「(南海キャンディーズ)山里さんみたいなことだったら、します! お金払ってでもするよ!」と一瞬で主張を覆してみせ笑いを誘った。

9月には山を購入したというヒロシ。「川が流れているから魚がいるんじゃないかとか、キノコとかも栽培できるんじゃないかとか、いろいろ妄想を膨らませてます。47歳、独身ですけど、山買って、すごくときめいているわけです。今が青春みたいな感じ」と語る。仕事量が減少した時期なども経て、今ではロケ芸人として、キャンパーとして、ベーシストとして多方面で活躍。「芸人一本で行かなきゃって思い込んでいて正直きつかった。一流の人たちと仕事していて、それと比べると僕は明らかに能力がないので。なんとか残らないとと思っていたけど、あるとき開き直って、世の中にはいろんな仕事があって、やってもいいんだって気づいた。だから今が楽しい」と自身の転機について回想し、「キャンプ仲間からは、ヒロシさんはキャンプ始める前とあとでは全然性格変わりましたよって言われた。人は好きなことするってわがままみたいに思われがちだけど、すごく重要なこと」と考えを述べた。

お笑いナタリーをフォロー