ナイツ塙「死役所」で重岡大毅&中島歩のコンビにお笑い指導、かが屋がネタ作成

3531

10月に放送スタートした連続ドラマ「死役所」(テレビ東京系)の第6話にナイツ塙がゲスト出演する。

お笑いコンテスト「デッドオアコント」のMC役でドラマにも出演するナイツ塙。

お笑いコンテスト「デッドオアコント」のMC役でドラマにも出演するナイツ塙。

大きなサイズで見る(全3件)

本作は、自殺、他殺、病死、事故死などさまざまな理由で亡くなった者たちの手続きを行う場所・死役所を舞台にした物語。あずみきしのマンガ「死役所」が原作で、死役所の総合案内係・シ村に松岡昌宏が扮している。

中島歩(左)と重岡大毅(右)が演じるお笑いコンビ・カニすべからく。

中島歩(左)と重岡大毅(右)が演じるお笑いコンビ・カニすべからく。

第6話は原作でも人気のエピソード「カニの生き方」をもとに、ジャニーズWESTの重岡大毅中島歩と共に演じるお笑いコンビ・カニすべからくにスポットを当てた回。塙はお笑い監修として今作に参加し、さらに劇中で展開されるお笑いコンテスト「デッドオアコント」のMC役でドラマにも登場する。また、カニすべからくのネタはかが屋が作成。どんなネタが披露されるのか、ジグザグジギーといった芸人も多数登場するコンテストのシーンと併せて注目しよう。

塙は重岡と中島演じるカニすべからくについて「中島さんは芸人にいそうなタイプで、なんか味がある感じがいい。ちょっと明るい感じの重岡さんと、暗い感じの中島さんという組み合わせで、いい2人だなと思いました」とコメント。重岡は「芸人さんはやってみたかった役でもあったので、楽しかったです。またナイツ塙さんがお笑い監修、ネタはかが屋さん、ということで豪華すぎるな、と。芸人さんをすごくリスペクトしているので『こいつしょーもねーな!』とか思われたらどうしようかなとド緊張していました。そんな中、塙さんは『このネタはここが肝だから』とパパっと決められる。さすが!というか、プロだなと思いました」と塙への印象を述べている。

「死役所」第6話は11月20日(水)深夜に放送。

ナイツ塙 コメント

今回、コントの監修をさせていただいたんですが、なんせ僕は漫才なんでねえ……(笑)。どういう風に指導するか悩んだんですが、役者として熱演しちゃうと、やっぱり笑いづらくなっちゃうので、下手にしてほしいと言いました。そこが難しいんですけど、重岡さん、中島さん共に飲み込みが早くてすごく自然体な感じやってたから、よかったなと。重岡さんの印象は、僕、週に26本全局のドラマを見ているので、「ストロベリー・ナイトサーガ」「これは経費で落ちません!」とかももちろん見ていたんですけど、実際会ってみていちファンとして「顔小さいなあ、思ってたより背が大きいんだな」とか思ってしまうという(笑)。中島さんは、芸人にいそうなタイプで、なんか味がある感じがいい。ちょっと明るい感じの重岡さんと、暗い感じの中島さんという組み合わせで、いい2人だなと思いました。ちなみに今回、コンテストのMC 役としての出演もあったんですが、僕自身は脚本を読んで「カニすべからく」の思いは理解しているんだけど、本来MCはそこまで裏側を知らないだろうから、淡々とやろうと思いました。見どころは第6話のジャニーズ事務所さんとマセキ芸能社の融合!(笑) 撮影時に何人マセキがいたかって話ですよ(笑)。もちろん中身としても、家族でもない、恋人でもない、でも一般の方にはわからない不思議な関係で繋がる相方……。「もしその相方がいなくなったら」という芸人の永遠のテーマを描いている。ナイツも1人になって何もできなくなる前に「65歳で1回解散しようか」と言っているぐらいで。芸人にとって本当に難しくて、普遍の問題なので、すごくいいテーマだと思います!

この記事の画像(全3件)

ドラマホリック!「死役所」

テレビ東京系 毎週水曜24:12~24:52

リンク

関連記事

(c)「死役所」製作委員会