お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

霜降り明星「うまンchu」卒業、最後の馬券勝負へ「卒業花火を打ち上げたい」

417

霜降り明星が昨年4月より準レギュラーとして出演している競馬予想番組「うまンchu」(関西テレビ)を卒業することが、現在オンエア中の番組内で発表された。

競馬好きの粗品はこの収録前に「昔から競馬予想のイベントを芸人たちとやっていた。『うまンchu』にはずっと出たいと言っていたので、出させてもらったのはうれしかった」と番組出演当初の喜びを回想。さらに「スタジオの雰囲気が大好きで、めっちゃボケたり、いい意味で一番ふざけられる番組で楽しかったです。そして何より、シャンプーハットてつじさんとケンカのノリとかを通して仲良くなれました。僕がイジられ慣れてなくて、よく説教されました(笑)」と話して番組への愛を明かした。

競馬ビギナーだったせいやは昨年の「ローズS(GII)」で高額の払い戻しを得たことを思い返し「一番うれしかったです。卒業後、またこういうデカいのを一発当てて『うまンchu』メンバーに報告したい」と野望を語る。番組内では「辞める必要はないのでは?」という意見に対して、せいやが「ステップアップというか……」としどろもどろになったあと、笑福亭仁鶴のモノマネで「『うまンchu』だけで新幹線の往復しんどい。東京と大阪の仕事(のギャラ)は0が一桁違う(笑)」と吐露。シャンプーハットこいでは「東京所属になったのに、よく隔週で大阪に来てくれた。粗品という競馬に熱い芸人が出てきてくれたことを喜んでいたのに」とその卒業を惜しんだ。

霜降りは本日9月22日(日)のレースで最後の馬券勝負に挑む。予想するレース名や購入金額などは伏せられており、せいやは「個人的には賭けたことのない額を賭けようと思っています。今回血統をちゃんと見ようかなと思います。ちょっとだけ“穴”も狙ってみようかな」と明かし、粗品は「馬体重や馬場状態も見てから、鋭い予想で卒業花火を打ち上げたいと思います」と意気込みを語った。2人が最後に臨む馬券勝負の様子は9月28日(土)深夜のオンエアで紹介される予定だ。

お笑いナタリーをフォロー