お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

南原清隆「やっぱりテレビは汗を感じるし面白い」バカリズムとMC、特番第2弾

163

「ダーレモシラナイ~爆笑!日本の新知識~」MCの南原清隆(中央)、バカリズム(右)、アシスタントの辻沙穂里アナ(左)。(c)MBS

「ダーレモシラナイ~爆笑!日本の新知識~」MCの南原清隆(中央)、バカリズム(右)、アシスタントの辻沙穂里アナ(左)。(c)MBS

バラエティ特番「ダーレモシラナイ~爆笑!日本の新知識~」(MBS)が明日9月4日(水)に放送され、南原清隆バカリズムがMCを務めるほか、アンタッチャブル山崎、ロザン宇治原がゲスト出演する。

この特番は今年5月のオンエアに続く第2弾。全国の視聴者から“自分だけが知っているオモシロ情報”を事前に募集し、投稿された情報について番組が取材するほか、3名の“検索マスター”がネットで検索する。検索でヒットしなければその情報は「ダーレモシラナイ日本の新知識」に認定されるという内容だ。このたび紹介されるのは「キングペンギンの意外な特性」「カラオケで100点を出すテクニック」「しゃっくりを止める意外な方法」など。果たして視聴者の生の声から新たな情報を発見できるのか。

南原清隆 コメント

やっぱりテレビはチームワークですね。シャックリのネタなんかはバカバカしくて面白かったです。だって、出すまでのほうが大変なんですから(笑)。

あと、京都弁にまつわるネタもあったんですけど、それも興味深かったです。僕は香川県出身で讃岐弁なんですが、京都弁と似ているんです。すごく腑に落ちました。

ネットの情報はすごいけど、テレビは小さなところから始まって、話がだんだん大きく広がっていくんですよ。みんなをどんどん巻き込んで、面白がっていく“共犯者”を増やしていく力がある。やっぱりテレビは汗を感じるし、面白いって思いました!

バカリズム

第2弾も本当に面白かったですね。ディレクターはかなり大変だったんだろうなって、労力が伝わってくるVTRばかりでした。

シャックリは止めることより、出すほうが難しいんですよ。スタッフもそこまで考えてなかったんでしょうね。絶対に後から気付いたはず(笑)。

でも、その無駄な部分が面白いんです。ディレクターの思いが必要以上に入っていて、普通だったらカットするだろって(笑)。スタッフの苦労や遊びも楽しめるのがこの番組の魅力だし、テレビならではなんですよね。

ダーレモシラナイ~爆笑!日本の新知識~

MBS 2019年9月4日(水)20:00~21:57
<出演者>
MC:南原清隆 / バカリズム
アシスタント:辻沙穂里(MBSアナウンサー)
ゲスト:赤江珠緒 / ロザン宇治原 / 福原遥 / アンタッチャブル山崎

お笑いナタリーをフォロー