お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

くまだまさしが舞台復帰、変わらぬネタ披露「ずっと笑っていただけるように」

1417

舞台復帰したくまだまさし。

舞台復帰したくまだまさし。

所属事務所の吉本興業から謹慎処分を解除されたくまだまさしが本日8月19日、東京・ルミネtheよしもとで舞台復帰した。

くまだは本日14時からの公演にトップバッターとしておなじみのサングラス姿で登場。来場客に盛大な拍手で迎えられて「温かすぎてやりづらい」と照れ隠しのようなリアクションをしたほか「私、今日から謹慎が明けまして、がんばっていきたいと思います!」と元気に挨拶する。続けて、あらためて謝罪の言葉を述べて頭を下げると共に「とにかくずっと反省の気持ちを忘れずに、今日来ていただいたお客様や世間の皆様に一回でもずっと笑っていただけるように、信頼していただけるようにがんばっていきたい」と真摯に述べた。

その後「空気を変えるために、もう1回出てきます!」と仕切り直しを宣言し、実際に一度舞台袖にはけて再び登場したくまだ。「今日のネタは謹慎前と同じでございます!」と言い放つと、お尻でクラッカーを爆発させるネタや、風船とリコーダーを鼻で操るネタなどで会場中の笑いを誘う。さらに自身のポスターやお面、鼻から飛ばした風船などを客席に次々とプレゼントし、約10分の出番を大きな拍手と笑いの中で終えた。

吉本興業は、所属事務所を通さない“直営業”を振り込め詐欺グループとの間で行っていたとして芸人たちを謹慎処分にしていたが、くまだのほか、レイザーラモンHG、ガリットチュウ福島、ザ・パンチのパンチ浜崎、天津・木村、ムーディ勝山、ストロベビー・ディエゴ、スリムクラブ、2700の処分を8月19日に解除することを発表していた。

お笑いナタリーをフォロー