お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ザブングルの謹慎期間を事務所が発表、ボランティア通じて自身を見つめ直す

564

本日7月1日、ワタナベエンターテインメントがザブングルの謹慎を8月末までとすることなどを発表した。

ザブングルは2014年、カラテカ入江の仲介で振り込め詐欺グループの会合に参加。6月24日にワタナベエンターテインメントより謹慎処分を言い渡されていた。

同事務所がマスコミ向けに送った文書によると、ザブングルは会合でそれぞれ7万5000円の金銭を受け取っていたことを申告。この金銭についてはすでに税理士を通じて税務申告を修正したうえで、しかるべき団体に支払うために警察関係者などを交えて支払先について協議している。また2人はボランティアなどの社会貢献活動を通じて、自分自身を真摯に見つめ直したいと事務所に申し出たという。

今後、ザブングルはボランティア先を探しつつ、社会人としての常識を高めるためにワタナベエンターテインメントの事務サポート業務を行う予定。事務所は改めて今回の件について謝罪し、コンプライアンス体制をより強化させることを宣言している。

お笑いナタリーをフォロー