お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

アキラ100%が苦しんだ映画撮影、弟役の井浦新「その姿が逆に信じられた」

187

「こはく」舞台挨拶に登壇した(左から)鶴田真由、木内みどり、井浦新、アキラ100%、遠藤久美子、横尾初喜監督、寿大聡。

「こはく」舞台挨拶に登壇した(左から)鶴田真由、木内みどり、井浦新、アキラ100%、遠藤久美子、横尾初喜監督、寿大聡。

アキラ100%が本名の大橋彰名義で出演した映画「こはく」の完成披露舞台挨拶が昨日6月26日、東京・ユーロスペースで行われ、アキラ、井浦とキャストの遠藤久美子、寿大聡、鶴田真由、木内みどり、監督の横尾初喜が登壇した。

横尾監督の実体験をもとに、両親の離婚で心に傷を負った青年とその兄が父を探すさまを描いたヒューマンドラマ。主人公・広永亮太役を井浦新が、兄・章一役をアキラが務めており、アキラは「主要キャストで映像のお仕事をいただくのは初めてで、不安の毎日を送っていました。最初台本を読んだときも、兄のセリフ量の多さに『役のオファー間違えてるんじゃないですか?』ってマネージャーに聞いた」と戸惑いの中で撮影に臨んだことを告白した。

そんなアキラに対し、井浦は「現場でも確かに苦しんでいたんですが、そういう姿が逆に信じられて、安心して全部ぶつけていけましたし、アキラさんの表現しているものを全部受けたいと思った。苦しんでいる姿をとてもいとおしく感じていました」と述べ、「アキラさんとの共演は刺激的でした」と回想する。監督は「父親を知らずに育ち、父親を捜す物語を新さんとアキラさんに一緒にやっていただいた。優しさとは何か、亮太に教えてもらった気がします。家族の愛を少しでも感じてもらいたい」と作品について語った。

またイベント中には、第2子をもうけた横尾監督と亮太の妻・友里恵役の遠藤久美子夫妻のために、アキラがお盆芸で祝福する一幕も。ジャケットを脱ぎ通常の姿で再登場したアキラは「やっと正装で出られました」とほっとした様子。「でも本来人がいたらダメなゾーンに人がいっぱいいるんですよ(笑)」といつも以上にプレッシャーのかかる中で見事にお盆芸を決めて盛り上げた。

「こはく」は7月6日(土)より東京・ユーロスペースほか全国にて順次公開される。

(c)2018「こはく」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー