お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「うれしすぎて来年も再来年もやりたい」水谷千重子、明治座初座長公演完遂

195

「水谷千重子50周年記念公演」の様子。

「水谷千重子50周年記念公演」の様子。

昨日3月4日、水谷千重子が東京・明治座で初座長を務める「水谷千重子50周年記念公演」が終幕した。

芸能生活50周年という節目を記念し、原田龍二YOU、あご勇、高橋ひとみ田山涼成といった豪華キャストや春澪、八公太郎、六条たかや、倉たけしら千重子ファミリーが集結した同公演。千重子の師匠であり作詞家の二葉菖仁による原案の芝居ステージ「とんち尼将軍 一休ねえさん」と、歌のステージ「歌えばコブシの花が咲く」の2部構成で賑やかに展開された。

千重子の歴史を振り返るVTRも上映され、スターと共演する千重子、デビュー当時の千重子、まだ日本に伝わったばかりのハンバーガーを珍しそうに食べる若き日の千重子のモノクロ映像に観客は釘付け。そして芝居ステージでは、裸を見せたがる龍右衛門(原田龍二)に対する一休ねえさん(千重子)の乙女な姿や、和尚(バッファロー吾郎A)と薬師(YOU)との丁々発止のやり取りなどで笑いを誘いつつ、終盤になると役者たちの演技も熱を帯びていき、ラストではパラパラととんちポーズを組み合わせた斬新なダンスで会場を圧倒した。

歌のステージではデビュー曲「万博ササニシキ」をはじめ、「五月雨道中」などのオリジナルソングを歌唱した千重子。テレサ・テンの「別れの予感」や高橋真梨子の「for you…」といったカバー曲も見事な歌声で聞かせる。そして「今日で終わりかと思うと心に穴が空いてしまいそうです。16公演毎日たくさんのお客さまに来ていただいて、うれしすぎて、来年も再来年もやりたいと思ってしまいます」としみじみと語ると、大きな歓声と拍手に包まれた。カーテンコールには出演者全員が登壇。大黒摩季の「ら・ら・ら」を合唱して記念公演の幕を下ろした。

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正します。

お笑いナタリーをフォロー