お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

アキナ考案チョコ誕生、山名明かす「堂本剛に似てる」とモテたバレンタインの逸話

610

アキナ

アキナ

アキナが昨日2月6日、自身のレギュラー番組「名門!モウカリマッカー学園~西梅田校新聞部~」(テレビ大阪)発のバレンタインデーイベントを大阪・よしもと西梅田劇場にて開催し、オリジナルチョコレートを来場者100名にプレゼントした。

このチョコレートは大阪のチョコレート専門店の老舗、エクチュア からほり「蔵」本店の協力を得て、山名、秋山それぞれが考案したもの。番組内で試作し、山名の「紅しょうが&ごまチョコ ミルク味」、秋山の「カレー粉チョコ ビター味」が商品化された。2月12日(火)より同店と大阪・もりのみやキューズモールBASE店にてセットで限定販売される。

会場には300人以上が集まり、アキナオリジナルチョコを巡る争奪じゃんけんに挑戦。最後の1つを2人が取り合う展開になると、アキナの2人は「僕たちの分を差し上げます」と譲った。またイベント中にはバレンタインにまつわる思い出話も。秋山は「小学生の頃が一番モテた」といい、40個近いチョコをもらったことがあると告白する。一方、山名は中学2年の1年間だけなぜか「堂本剛に似ている」と人気者になり、「(チョコを)マジでいっぱいもらった」と振り返った。

イベント後の囲み取材でもバレンタインの話題一色。「チョコの個数で負けたくないライバルは?」という質問に「和牛・水田」と答えた秋山は「和牛は川西くんで持ってるコンビ。その人気にあやかって(水田がもらうチョコの)数は増えてきてるけど本命じゃない! だから勝ちたい」と遠慮なくコメントする。ゆりやんレトリィバァから思いを寄せられていた山名は、3年前のバレンタインに手作りの巨大ハート型チョコレートをプレゼントされたり、楽屋のドアのカギを閉めて「2人っきりでしゃべりましょ」と迫られたりと、猛烈アピールを受けていたことを明かし、ゆりやんが今は別の芸人を思っていることから「先輩と後輩に戻れた」とホッとしてみせたが、山名は誰に対しても優しいため「女性芸人の中には山名くんのことを好きな人がほかにもいるはず」と秋山。これを受けて山名は「女と男の和田さんに告白されたことがある」と暴露し、「バラしたんなや!」とツッコまれた。

このイベントの様子は番組内で紹介予定。「名門!モウカリマッカー学園~西梅田校新聞部~」は毎週金曜深夜に放送中。

お笑いナタリーをフォロー