お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ANZEN漫才、工事現場を科学的に掘り下げる企画展の公式サポーター就任

91

「企画展『工事中!』~立ち入り禁止!? 重機の現場~」公式サポーターのANZEN漫才。

「企画展『工事中!』~立ち入り禁止!? 重機の現場~」公式サポーターのANZEN漫才。

東京・日本科学未来館にて来月2月8日(金)より5月19日(日)まで開催される「企画展『工事中!』~立ち入り禁止!? 重機の現場~」の公式サポーターをANZEN漫才が務める。

これは普段あまり立ち入ることができない工事現場の内側を紹介し、科学的に掘り下げる展覧会。現場で使用される数々の重機などが展示されるほか、貴重な工事映像も紹介される。「工事現場はANZEN第一!」という理由からANZEN漫才が公式サポーターに就任した。みやぞんが制作した展覧会の“ほぼ公式テーマソング”がオフィシャルサイトにて近日公開される予定だ。

ANZEN漫才 コメント

みやぞん

重機を運転した経験があります。自分では持ち上げられない重い物を持ち上げて移動できますよね。これに乗れば何でもできる、人助けでも何でもできるような気がして、すごくわくわくしました。

工事現場は泥臭いイメージがありますが、この企画展を見ると、イメージが変わると思います。重機が進化して、かっこ良くなっている。デザインもかっこ良いし、機能もすごい。地球を支えているのは重機なんじゃないか。家をつくったり、壊れた道路を直したり。災害の時も活躍しています。子供たちが重機に興味を持って、勉強して、将来乗れるようになったらいいなと思います。

あらぽん

工業高校出身です。学校の授業で、校庭などでフォークリフトの試験を受けたことがあります。重機は力強さを感じられるのが魅力です。企画展「工事中!」では、子供たちが思い描くロボットのような世界がすごく近くに来ている、ということを感じてほしいです。

お笑いナタリーをフォロー