バカリズムがごく普通の家庭描く日テレの朝ドラ「生田家の朝」ユースケ×尾野真千子

852

バカリズムが脚本を手がける日本テレビの“朝ドラ”「生田家の朝」が12月10日(月)スタート。情報バラエティ「ZIP!」内で全13話放送される。

「生田家の朝」メインカット。(c)日本テレビ

「生田家の朝」メインカット。(c)日本テレビ

大きなサイズで見る(全3件)

主題歌と企画プロデュースを担当する福山雅治(左)と脚本を手がけるバカリズム(右)。(c)日本テレビ

主題歌と企画プロデュースを担当する福山雅治(左)と脚本を手がけるバカリズム(右)。(c)日本テレビ

日本テレビが開局65年のタイミングで立ち上げたこのドラマ製作プロジェクト。主題歌と企画プロデュースを福山雅治が担当し、「ドラマである以上は脚本が命。ならば僕的に今もっとも、いや、常にお仕事させていただきたいクリエイターNo.1」という福山の希望でバカリズムに白羽の矢が立った。

ドラマで描かれるのは日本のどこにでもあるようなごく一般的な家庭の朝の風景。「ダイニングテーブルの生活感問題」「ソファーもほぼ死んでいる問題」「毎朝フレッシュジュースを作るはずのジューサーが使われない問題」など些細な問題にスポットを当て、バカリズムは「特に大きな事件もどんでん返しも起こりませんが、たぶん面白いんじゃないかなと思います」と語っている。

生田家の大黒柱、サラリーマンの浩介を演じるのはユースケ・サンタマリア。「初めて食卓を囲んだときから『俺たち本当に初めてなの?』ってくらいツーカーです。バカリズムくんという天才が書いた、大変面白い台本があるんですが、見ている人は台本があるってわからないと思います。芝居を超えた、ある種ドキュメンタリーのような。俺たちが適当にしゃべってるのをなんとなく撮ってるって思いますよ。それぐらい自然です」と話す。妻・早苗役を務める尾野真千子は「本当に気をつけて見ていないとわからないような些細なことをテーマにしていますけど、結果『わかる! わかる!』ってなると思います」とコメントした。

放送は7時50分頃から7分間ほど。毎朝クスッと笑える時間になりそうだ。

バカリズム コメント

このドラマは観ているみなさんと同じ日、同じ時間帯の朝の数分間を切り取ったお話で、毎日放送されます。どこにでもいそうな家族のどこにでも起こりそうな出来事を題材にしているので、特に大きな事件もどんでん返しも起こりませんが、たぶん面白いんじゃないかなと思います。キャストはユースケさん、尾野さんという大好きなお2人に演じていただくことが決まったので、僕的にはもう8割方成功です。とにかく毎朝観て下さい。 

この記事の画像(全3件)

生田家の朝

日本テレビ系 2018年12月10日(月)スタート「ZIP!」内 月曜~金曜 7:50頃~ 全13回
<出演者>
ユースケ・サンタマリア / 尾野真千子 / 関谷瑠紀 / 鳥越壮真

関連記事

リンク