お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

しずる池田とジャンポケ太田、上田慎一郎監督映画で役を交代していた

81

「たまえのスーパーはらわた」舞台挨拶付き凱旋上映会の様子。

「たまえのスーパーはらわた」舞台挨拶付き凱旋上映会の様子。

昨日10月21日、映画「たまえのスーパーはらわた」の“舞台挨拶付き凱旋上映会”が埼玉・イオンシネマ浦和美園で行われ、ジャングルポケットしずるが登壇した。

10月20日より公開されている「たまえのスーパーはらわた」は、「カメラを止めるな!」の上田慎一郎が監督・脚本を務めた作品。さいたま市のPR映像を撮ることになったホラー映画監督志望の女子高生・浦野玉恵(白石優愛)の奮闘を描く。同作品にジャンポケとしずる池田が出演しているのは既報の通りだ。

舞台挨拶では、ジャンポケ太田が「当初、僕と池田さんの配役が逆だった。でも池田さんが脚本を2、3回読んだ時点で『監督、できません』と言って交代することになりました」と暴露。池田は「その話はやめろ!」と慌てつつも「断るのも才能だと藤原竜也さんが言っていた」と開き直って会場の笑いを誘っていた。太田と池田がどのような配役になったのか、ぜひ劇場でチェックしよう。

上映会には、上田慎一郎監督やキャストの白石優愛、工藤綾乃、西沢仁太、ほりかわひろき、村田綾も登壇。上田監督は「さいたま市の知識を得るために、さいたま市内を見て回り、いろんな人の話を聞いた。現場を見てから脚本を書くという進め方は初めての取り組みだった」と撮影を振り返っていた。

なお「たまえのスーパーはらわた」は、上田監督の妻で映画監督のふくだみゆきが手がけた「耳かきランデブー」と同時上映されている。

お笑いナタリーをフォロー