お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

チョコプラや天竺鼠のネタ写真公開、即落下セットに後藤と伊達「どエラい」

795

「爆笑!スライダー」のスタジオの様子。左から、レイザーラモンRG、丸山礼、やさしいズ。(c)TBS

「爆笑!スライダー」のスタジオの様子。左から、レイザーラモンRG、丸山礼、やさしいズ。(c)TBS

フットボールアワー後藤とサンドウィッチマン伊達がMCを務めるネタバトル特番「爆笑!スライダー」(TBS)の放送を来週10月15日(月)深夜に控え、出演芸人16組が1回戦で披露したショートネタの場面写真が公開された。

この特番は既報の通り勝ち抜き形式で芸人が3組ずつ登場し、ゲストや観覧客による審査の結果、3回連続で勝ち残れば金一封を手にできるが、途中で敗退するとスタジオ内セットの“スライダー”から即落下するシステム。先日収録が行われたTBS内のスタジオが「キングオブコント2018」決勝と同じスタジオだと指摘するチョコレートプラネットは、おなじみIKKOと和泉元彌のコントを披露する。「1本目がよくても2本目が怖い」と話すチョコプラとMC陣のKOCをふまえたトークにも期待できそうだ。

レイザーラモンRGは「細川たかしの取り扱い」に関する歌を熱唱し、ピンで挑む笑い飯・西田はモノマネで勝負する。阿佐ヶ谷姉妹はピンクのドレスではない姿で「おばさんあるある」を繰り出す。天竺鼠が登場した際には、川原の言動に対して後藤と伊達が「こいつ、ずっとふざけてるな」と呆れながらも賛辞を惜しまない。

審査に参加する観覧客の男女比は「男性4:女性6」となっており、この比率設定は伊達のアドバイスによるもの。これについて伊達は収録後に「効果はあったと思う。夜の番組なので観ている男性も多いでしょうから。僕らが昔ネタをやっていたときに男性ウケがもう少しほしいなというのがあった」と自身の体験を踏まえて意図を語った。芸人たちのショートネタやMC陣との掛け合い、スライダーから落下した際の敗戦コメントを併せてお楽しみに。

フットボールアワー後藤、サンドウィッチマン伊達 コメント

──収録を終えての感想を教えてください。
後藤:いろんなタイプの芸人がいて楽しかったです。「これ、ちゃんとオーディションやっているのか?」という声もチラホラありましたが(笑)。
伊達:「M-1」チャンピオンや「キングオブコント」ファイナリストが出ていましたが、初めて見る人もいたので面白かったです。同じ事務所の後輩のレッドガオも出ていまして、前から注意はしてるんですけど、何言ってるのかよくわからなかった(笑)。

──お2人のMCタッグも新鮮に感じられます。
後藤:新鮮! ライブで一緒にずっとやってきたわけでもなく初めての組み合わせですけど、気を使うわけでもなく。
伊達:邪魔にならないようにしてます。
後藤:よう言いますわ! 好感度No.1にあやかりたいですよ。俺ら、あんなん出たことないからね。
伊達:後藤さんは相方の富澤と「ザ・ドリームマッチ」(TBS系)で優勝してますね。
後藤:“後藤輝基史”に残る漫才です(笑)。でも伊達とかは特に、サンドウィッチマンらしいというか、いろんな人になじむ人やなあとは思います。
伊達:そう言っていただけてうれしいです。

──スライダーのセットはすごい迫力ですね。
伊達:大掛かりなセットを組みました。もったいないので番組を1回で終わらせるわけにはいかないでしょう。
後藤:この時間帯であそこまでするって“どエラい”よ。今後は2回目、3回目と時間帯を早くして特番を放送することもあるんじゃないですか? スタッフね、ゴールデン目指してます!
伊達:それはちょっと気が早いかもしれないです(笑)。もう1回くらい様子を観たいですね。
後藤:ぜひとも第2回に期待しています!

爆笑!スライダー

TBS系 2018年10月15日(月)24:11~25:10
<出演者>
MC:フットボールアワー後藤 / サンドウィッチマン伊達
ゲスト:朝日奈央 / 福地桃子
出場者:阿佐ヶ谷姉妹 / 金属バット / ギフト☆矢野 / チョコレートプラネット / 天竺鼠 / ナイチンゲールダンス / ハッピー遠藤 / ピー山ピー之助 / 街裏ぴんく / まちむすめ / 丸山礼 / やさしいズ / 吉住 / レイザーラモンRG / レッドガオ / 笑い飯・西田
※バレーボール中継により放送時間変更の可能性あり。

お笑いナタリーをフォロー