お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

とろサーモン久保田がラップ「T-レックスよりネゴシックスが好き」

335

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の大ヒット記念イベントでラップを披露するとろサーモン久保田(中央)とボイスパーカッションで久保田を支える相方・村田(左)。右は岡田結実。

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の大ヒット記念イベントでラップを披露するとろサーモン久保田(中央)とボイスパーカッションで久保田を支える相方・村田(左)。右は岡田結実。

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の大ヒット記念イベントが本日8月16日に東京・SHIBUYA109前 イベントスペースにて行われ、とろサーモンが岡田結実と共に登壇した。

3人は夏休みの自由研究の一環として、自身の特技を用いてこの映画の魅力をPRすることに。村田は60秒の予告編に合わせた「ぶっつけ本番ナレーション」をパワフルに繰り広げたが、相方・久保田からは「あなたが前面に出すぎていて全然内容が頭に入ってこない!」とダメ出しされる。その久保田は特技のラップを“ジュラップ”と題して披露し、村田のボイスパーカッションに合わせて「T-レックスよりネゴシックスが好き」などのリリックを生み出した。映画にも登場する恐竜と同期芸人の名前で韻を踏んだことに、村田は「なんなん?」とツッコミ。久保田は意に介さず「いいでしょ?」と得意気に切り返した。

この作品の感想を求められると、久保田は「心の歪んだ大人としても今日呼ばれたような気がします」と話したあと、「もしこんな時代が本当にやってきたら本当に恐ろしいですよね」とコメント。続けて村田は「それくらいリアリティがある作品になっていますよね! 前作はテーマパークでのお話でしたけど、今回はより人間味ある作品になっている気がしました」と語った。J・A・バヨナが監督を務め、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードらが出演する「ジュラシック・ワールド/炎の王国」は全国で上映中だ。

(c)Universal Pictures

お笑いナタリーをフォロー