お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ダチョウ上島、ワイヤーで吊るされ続けてトム・クルーズのスタント体感

31

映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の公開記念イベントに登場したダチョウ倶楽部。

映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の公開記念イベントに登場したダチョウ倶楽部。

映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の公開記念イベントが昨日8月6日に都内スタジオにて行われ、ダチョウ倶楽部が応援隊長として登壇した。

この作品は、トム・クルーズ主演のアクション映画「ミッション:インポッシブル」シリーズの第6弾。日本では先週8月3日に公開された。イベント内にてダチョウは、トムが撮影時に挑んだスタントを体感しながら作品の魅力を伝えることに。会場にはトムがスタントを行う前に練習したセットが再現され、上空約8000メートルからの超高速スカイダイビング「ヘイロージャンプ」を上島が疑似体験した。

実際に地上から約3メートル程の高さまで吊るされた上島は「なめていたら、意外と怖かった」と涙目になり、その後行われたフォトセッションでも吊るされたままに。ジモンがそのワイヤーを取り外すのを手伝う一方、肥後はそれをただ眺めるだけで、上島は「なんで吊るしっぱなしにしてんだよ! リーダーだったら一番に気づかないと!」などと肥後の態度に怒ってみせたが、最終的にはキスのくだりで仲直りした。

映画の感想を聞かれた肥後は「アクションが本当に見どころ!」、ジモンは「ダチョウも身体を張ってきているけど、トム・クルーズさんはそれを凌駕している。あんなアクロバティックなヘリの操作も自分でしちゃうなんて、本当にすごすぎますよ!」と熱弁する。上島は「面白かったですよ! アクションがすごい! ヘリの操縦もすごくて」と2人と同じようなコメントを披露してしまい、「感想が薄いんだよ!」とツッコまれて会場の笑いを誘った。

(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

お笑いナタリーをフォロー