お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「歌ネタ王決定戦」準決勝、田口合奏団ら個性派ユニットや初登場コンビも奮闘

472

田口合奏団

田口合奏団

歌ネタのNo.1を決定するコンテスト「歌ネタ王決定戦2018」の準決勝が、7月30日に大阪・よしもと漫才劇場で、8月3日(金)に東京・関交協ハーモニックホールで実施された。

大阪会場には、初代王者のすち子&真也をはじめ毎年大会の台風の目となる吉本新喜劇メンバーから松浦真也森田まりこのユニット・ヤンシー&マリコンヌや吉田裕とレイチェルのコンビが参戦したほか、アイドルグループのつぼみ、ダブルアート・タグ率いる田口合奏団など、さまざまなユニットが登場。昨年ファイナリストのゆりやんレトリィバァ、第3回優勝者の中山功太も存在感をアピールした。

東京会場では、どぶろっく超新塾三拍子といった実力派が安定した笑いを届ける一方で、「歌ネタ王」準決勝初進出のユースフルデイズやCo.慶応、シティホテル3号室、Groovy Rubbishなどの新鋭も奮闘する。アイロンヘッドは多彩な技を繰り出して観客をうならせ、トリを飾ったおばたのお兄さんは持ち曲「ジタバタオバタ」を慌てながら披露し笑いを誘った。決勝進出者は後日、大会のオフィシャルサイトで発表される。

2013年にスタートした「歌ネタ王決定戦」は昨年2017年の第5回大会で藤崎マーケットが優勝。今年も優勝賞金300万円を懸けた戦いが展開されており、決勝戦はMBSにて9月に生放送される予定だ。

お笑いナタリーをフォロー