お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

サンド伊達の“ゼロカロリー理論”が曲に、「ウマーベラス」リリースへ

593

MONKEY MAJIKとサンドウィッチマン。

MONKEY MAJIKとサンドウィッチマン。

サンドウィッチマンが本日7月21日、宮城・勾当台公園 市民広場を会場に行われている震災復興支援イベント「TBC夏まつり2018」に出演。MONKEY MAJIK×サンドウィッチマンとして、伊達が常々展開している“ゼロカロリー理論”をもとにした楽曲「ウマーベラス」を初披露した。

MONKEY MAJIKのメンバー4人は仙台在住。サンドと長年の交流を持っていたことから「サンドのぼんやり~ぬTV」(TBCテレビ)のテーマソングを依頼された。「サンドの2人にも歌と作詞も手伝ってもらおう」とMONKEY MAJIKが持ちかけ、MONKEY MAJIK×サンドウィッチマンを結成。そして「ドーナツは真ん中が 空洞だし、形がカロリーゼロを表してるから太らない」「カロリーは110℃に耐えられないから揚げ物はゼロカロリー 」といった“ゼロカロリー理論”を歌詞に散りばめ、富澤の決めフレーズをタイトルにしたコラボ曲「ウマーベラス」を完成させた。

ステージではサンドが「目標はやっぱり、この曲で紅白歌合戦出場でしょう!」と宣言。「どれだけ食べてもゼロカロリー!」(伊達)、「そんなわけない!」(富澤)という曲の後半の掛け合いにも会場は沸いていた。

同曲は8月31日に配信シングルとしてリリースが決定。またサンドの単独ライブツアー「サンドウィッチマンライブツアー2018」、MONKEY MAJIKのライブツアー「MONKEY MAJIK Tour2018~Singles Collection~」の会場にて限定盤として販売される。

お笑いナタリーをフォロー