お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

流れ星瀧上が部長就任、ストファイであらぽん倒す「浅井企画ゲーム部」発足

223

「浅井企画ゲーム部」発足会見に出席した(前列左から)流れ星、関根勤、ANZEN漫才ら浅井企画所属の芸人とタレントたち。

「浅井企画ゲーム部」発足会見に出席した(前列左から)流れ星、関根勤、ANZEN漫才ら浅井企画所属の芸人とタレントたち。

本日7月12日に「浅井企画ゲーム部」発足会見が都内のeスポーツ施設・LFS池袋にて行われ、浅井企画に所属する関根勤流れ星ANZEN漫才スパローズもりせいじゅら多くの芸人やタレントが出席した。

LFS池袋を運営する株式会社サードウェーブのサポートを受け、浅井企画がeスポーツ事業へ本格的に参入する。来週7月16日(月・祝)にYouTube番組「浅井企画ゲーム部Report」のレギュラー配信がスタート。所属タレントのeスポーツ関連大会への参加なども活動内容として発表された。使用するゲームには「ストリートファイターV アーケードエディション」「ぷよぷよ」「New みんなのGOLF」などがラインナップされている。

このたび浅井企画ゲーム部の部長に流れ星・瀧上が、副部長にANZEN漫才あらぽんが就任した。本日の会見内で2人は得意の「ストリートファイターV」で対戦し、瀧上が圧勝。「2人とも真剣になりすぎて無言になっちゃった」と反省しつつ、瀧上は「芸能界最強の座を目指したい。後輩のあらぽんを鍛えたい」と意気込みを見せ、配信番組についても「一番重要なのは観て面白いこと。ゲームのコスプレをしてもいい」と持論を述べた。なお関根は浅井企画ゲーム部の名誉会長に。「『みんなのGOLF』を12時間連続でやったことがあります。今年65歳ですが、ゲームをやっているときの気持ちは中2。いつまでも若い気持ちでいられる」とゲームへの思いを明かした。

8月に開催される大会「ぷよぷよカップ」に挑戦するという横浜ヨコハマ上仲が「ぷよぷよ」で腕前を披露する場面では、流れ星ちゅうえいやスパローズ森田が「へたくそ! やめちまえ!」「家でやれ!」といった不条理なガヤを飛ばして場内を盛り上げる。ゲーム部の活動内容として、ANZEN漫才みやぞんがPCを自作する企画も告知され、みやぞんは「時間がかかると思いますが、がんばります」と困惑しながらも意気込みを見せた。

お笑いナタリーをフォロー