お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ノンスタ石田「人生でもっとも無駄な1時間半です!」主演・井上の死に演技を絶賛

256

左から豊島圭介監督、NON STYLE、森川葵、信江勇、とろサーモン村田。

左から豊島圭介監督、NON STYLE、森川葵、信江勇、とろサーモン村田。

NON STYLE石田が脚本を手がけ、相方・井上が主演を務める映画「耳を腐らせるほどの愛」の初上映と舞台挨拶が「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」の4日目となる本日4月22日、沖縄・桜坂劇場にて行われた。

舞台挨拶にはNON STYLEとキャストのとろサーモン村田、森川葵、監督の豊島圭介が登壇。「自称『天才』です!」と元気よくマイクを握る石田は、これから作品を鑑賞する観客に向けて「ただただ気を抜いて観てください。人生にとってもっとも無駄な1時間半です!」と紹介して盛り上げる。

井上は「終始死んでまーす!」と自身の役どころを端的に説明。すると監督から「死に上手!」と合いの手が入り、石田も「こんなに死ぬ演技がうまいとは。井上が死んでる状態が一番楽しい。ベストなキャスティングだった」と相方の“死にざま”を絶賛してみせた。

まだ完成版を観ていない村田は「シュールすぎて『なんのシーン撮ってんのかな?』と思ってた」とこのあとの上映を楽しみにしているよう。映画祭のTシャツにハーフパンツ、サンダルというラフな格好の井上の姿を「TSUTAYA返すとき」と例えると、「さっき裏でいろいろ例えてたときより下手になるのやめて!(笑) ウケなアカンと思ってるやん」と井上に緊張を見透かされる場面も。井上が村田の下の名前を取って「ヒデ」と呼び出したり、これを受けて石田が井上を「スケ」と呼んでみたりと、和やかな雰囲気で舞台挨拶は進行。撮影中も八嶋智人を中心に賑やかだったといい、井上は「みんなはじめましてとは思えないくらい、昔からの友達とわいわいしている感じ。若い頃からご一緒してる仲間のヒデ(=村田)がいてくれたから場も明るくなった」と回想した。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正し、お詫びいたします。

お笑いナタリーをフォロー