「松本さん、もう1回チャンスをください!」永野が渋谷で公開IPPON

110

本日3月3日、「IPPONグランプリ」(フジテレビ・関西テレビ系)のPRイベントが東京・SHIBUYA109のイベントスペースで実施され、永野が登壇した。

左からパーティ内山、永野。

左からパーティ内山、永野。

大きなサイズで見る(全11件)

来週3月10日(土)に「IPPONグランプリ」の第19回大会が放送され、ミキ昴生とTKO木下が初出演するのは既報の通り。パーティ内山と榎並大二郎アナウンサーが進行を務めた本日のイベントでは、2016年に1度だけ「IPPONグランプリ」に出場したことがある永野が第20回大会に参戦すべく“公開大喜利オーディション”に臨んでいる。

回答を考える永野。

回答を考える永野。[拡大]

永野は前回のIPPONグランプリを「あの日以来、すべての信頼と信用を失った。SNSに『俺の友達のほうが面白い』というメッセージが届いたり、20代のADにシカトされたりしました」と回想。それから本気で磨いてきたという大喜利能力をアピールすべく、一般客の選んだお題に答え、IPPONに匹敵する回答だったかをジャッジしてもらった。

IPPONを獲得して喜ぶ永野。

IPPONを獲得して喜ぶ永野。[拡大]

永野は「面白いの書けた!」「松本さんが耳元で囁いてくれた! 『永野、教えたるで』って!」と自信満々に回答を出したが、観客のジャッジは厳しく、なかなかIPPONを獲得できず。「先入観じゃないの!? 腰振って奇声あげて世に出てきたからって!」「ヒントを教えてください!」と狼狽する彼だったが、ラストの2問でなんとかIPPONを獲得。「意地を保った……魂を削る感じがありますよ。それくらいIPPONグランプリはものすごい大会です」と語っていた。

イベント終了後の囲み取材で永野は「2時間やった感じがする」とグッタリ。今回の大喜利で新たに取り入れた作戦が“字をわざと汚くすること”だったと明かし、「僕、習字やってたんで字がきれいなんですよ。でもそれだと大喜利って面白くないことに気づいたんですよ! 崩したほうがアーティストっぽいんです。これポイント!」と力説する。またダウンタウン松本へのメッセージを求められると「松本さん、もう1回チャンスをください! ああいう奇をてらった感じではもう2度と出ません! 俺、更生しました!」と切実にコメントして取材陣の笑いを誘っていた。

この記事の画像(全11件)

IPPANグランプリ

フジテレビ 2018年3月6日(火)25:55~26:55

IPPONグランプリ

フジテレビ・関西テレビ系 2018年3月10日(土)21:00~23:10
<出演者>
大会チェアマン:松本人志
Aブロック:ネプチューン堀内 / ロッチ中岡 / 博多大吉 / 千鳥・大悟 / TKO木下
Bブロック:バカリズム / 麒麟・川島 / スピードワゴン小沢 / ロバート秋山 / ミキ昴生
観覧ゲスト:佐藤仁美 / ダレノガレ明美 / 八代亜紀 / 吉沢亮
フロア進行:榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)

全文を表示

関連記事

永野のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 永野 / パーティ内山 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。