お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ネプチューン原田、山本未來&小西真奈美の間でドギマギ「映画ではモテてます」

43

映画「ミッドナイト・バス」初日舞台挨拶の様子。

映画「ミッドナイト・バス」初日舞台挨拶の様子。

昨日1月27日、ネプチューン原田主演映画「ミッドナイト・バス」の初日舞台挨拶が東京・有楽町スバル座にて行われた。

伊吹有喜の同名小説を竹下昌男が実写化した本作。バツイチで長距離運転手の高宮利一(原田)が元妻の美雪(山本未來)と年下の恋人・志穂(小西真奈美)の間で揺れながら、男として、2児の父として家族や自身の人生に向き合う姿を描く。

撮影のために大型自動車免許を約3カ月で取得した原田は「最初は怖かったけれど、テイクを重ねていくうちにプロ並みの腕前になりました。免許取得も一発OKで。教習所の先生に『いい腕してるね、運転手になれるよ』と言われました」と報告。舞台上で元妻役の山本と現恋人役の小西に挟まれ、「この映画ではすごくモテています。でも今は山本さんと小西さんの間に挟まれて汗が出ています(笑)。ドギマギしていて、役がまだ抜け切れていないのかも……」と苦笑する。そんな原田に、山本は「泰造さんが演じた利一は頼りない、だらしのないような役ですが、泰造さんが演じるからこそ惹きつけられる魅力的な男性になった」とコメントした。

利一と美雪の息子・怜司役の七瀬公は母子家庭という自らの境遇を役に重ねて「親への感謝を伝えられる役だと思ったので、自分の親を泰造さんに見立てて愛をぶつけました。泰造さんは広い心でそれを受け止めてくれた」と原田に感謝する。これを受けて原田は「七瀬くんは子供としてぶつかって来てくれたので、ガチっと受け止めました。七瀬くんは本当にかわいい犬みたい」と印象を述べた。

(c)2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社

お笑いナタリーをフォロー