鈴木おさむも理解不能、“新ジャンルの芸人”パーパーの魅力に迫る

本日1月10日(水)放送の「冗談手帖」(BSフジ)にパーパーが出演する。

パーパー (c)BSフジ

パーパー (c)BSフジ

大きなサイズで見る(全4件)

パーパーが挑戦する“実験ネタ”のテーマは「女医と患者 ~禁断の恋~」。このお題を知らされたほしのディスコは「『医龍』とか観てたし、お母さんも看護師なので、医療系の話は得意です」と自信を覗かせ、山田も「いけますね。『コード・ブルー』観てたんで」と同調する。そんな2人は果たしてどのようなネタを仕上げてくるのか。

パーパー (c)BSフジ

パーパー (c)BSフジ[拡大]

トークコーナーでは、自分たちの現状を「トントン拍子にいきすぎて不気味」と分析したり、「コントは全然楽しくない」と言い切る山田に、鈴木おさむが「こんな芸人いる!?」と驚愕。パーパーについて理解できない部分があることを明かす一方、“新ジャンルの芸人”としての魅力を指摘する。

この記事の画像(全4件)

冗談手帖

BSフジ 2018年1月10日(水)23:00~23:30
<出演者>
鈴木おさむ / 曽田茉莉江
ゲスト:パーパー

全文を表示

パーパーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 パーパー の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。