U字工事の真打ち昇進を浅草キッドがお祝い「ごめんねごめんねー!」三唱

1

173

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 44 105
  • 24 シェア

本日11月28日、東京・浅草公会堂にて漫才協会の一大イベント「第48回 漫才大会」が実施され、U字工事の真打ち昇進披露が行われた。

「ごめんねごめんねー!」三唱で真打ち昇進披露は締めくくられた。

「ごめんねごめんねー!」三唱で真打ち昇進披露は締めくくられた。

大きなサイズで見る(全20件)

U字工事に言葉をかける青空球児(右)。

U字工事に言葉をかける青空球児(右)。[拡大]

U字工事が漫才協会に入ったのは2011年のこと。真打ち昇進には入会から10年以上かかることがほとんどで、彼らは会長を務める青空球児の「若手を引っ張っていってほしい」という期待を受けて異例のスピート昇進を果たした。

U字工事ののぼり。

U字工事ののぼり。[拡大]

「漫才大会」昼の部には、かつて栃木訛りに反発するがゆえに迷走していた彼らへ「訛り漫才」を勧めた浅草キッドがゲストとして登場し、U字工事との関係性を「我々はたけしチルドレン。だから(U字工事は)たけしチルドレンチルドレン」と表現。自身が主催していたネタライブ「浅草お兄さん会」に学生だったU字工事が参加していた頃を回想し、水道橋博士は「彼らは若かったし、ルックスもよかった。毎回(ライブでは)フリチンになるんですけど、彼らだけにはさせなかった。玉袋が手を付けたくない!って言って。どういう意味なんでしょうね(笑)」と笑わせた。

今話題のビール瓶を取り出して沸かせた玉袋筋太郎(左端)。

今話題のビール瓶を取り出して沸かせた玉袋筋太郎(左端)。[拡大]

またU字工事・益子が浅草キッドへのコメントを求められ、「はっきり言って、キッドさんの時代はもう終わったんです!」と啖呵を切ってみせると、玉袋筋太郎が今ホットなアイテム、ビール瓶を取り出し、殴りかかろうとする場面も。「漫才協会も膿を出し切って……」と白鵬を思わせるスピーチを始め会場を笑わせた。

漫才を披露するU字工事。

漫才を披露するU字工事。[拡大]

最後は浅草キッドが万歳三唱ならぬ「ごめんねごめんねー!」三唱の音頭を取り、真打ち昇進披露は終了。その後「漫才大会」の大トリをU字工事が務め、栃木ネタ満載の漫才で会場を沸かせた。

この記事の画像(全20件)

読者の反応

  • 1

お笑いナタリー @owarai_natalie

【イベントレポート】U字工事の真打ち昇進を浅草キッドがお祝い「ごめんねごめんねー!」三唱(写真20枚) https://t.co/TNaCrEMHih https://t.co/IouQrgVg75

コメントを読む(1件)

関連記事

U字工事のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 U字工事 / 浅草キッド / 青空球児 / 水道橋博士 / 玉袋筋太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。