お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ロバート秋山「GQ」選出“輝いた男”に、両親へ感謝「産み分けがしっかりしてた」

1032

「GQ JAPAN」の鈴木正文編集長からトロフィーを受け取ったロバート秋山。

「GQ JAPAN」の鈴木正文編集長からトロフィーを受け取ったロバート秋山。

ロバート秋山が、本日11月22日に東京・東京アメリカンクラブで行われた「GQ MEN OF THE YEAR 2017」の授賞式に出席した。

「GQ MEN OF THE YEAR」はその年にもっとも輝いた男性を各国で発行されている雑誌「GQ」が称えるアワード。日本では12回目となる今年、ベスト・コメディアン賞に輝いた秋山のほか、野田洋次郎(RADWIMPS、illion)や元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らが各賞を受賞している。

秋山は「このような賞をいただきありがとうございます。私、ロバートというクリエイティブおもしろコント集団に属しています」と堂々とスピーチを始め、「こういうの、気になってはいたんです。芸人のあいつが獲ったんだ、みたいな。とうとういただきました」と満足顔。「GQ MEN OF THE YEAR 2017」のビジュアル撮影時の服装を「鷹の使い手のような格好」と表現し、「私もわけわからず着てますけど(笑)」と照れくさそう。「『GQ MEN』なので、男に生まれたことに感謝ですね。男に産み分けてくれた両親に感謝。あのときコンディションによっては女性だったかもしれない。やっぱり産み分けがしっかりしてた」と独特な視点で述べた。

また、受賞者たちによるトークセッションでは改めて「ロバートという最先端コントパフォーマンス集団の秋山と申します」とクリエイター気取りで挨拶。「ロバートも20年目に入ります。別に今までとやっていることは変わらないんですが、今年は扮装することが多くて、それを面白がっていただけた。もともと面白かったんだけどねー。ようやく気づいたのかなって思ってます(笑)」と2017年を振り返った。「相方の馬場と山本もいるので、せっかくならこれ(トロフィー)を3つにかち割って、それぞれ1個ずつ持ち帰るのもいいなんて話をしてたんです」とニヤけながらあらぬ方向へ話を進めると、MCから「そんな話していたんですか?」と追及を受けるはめに。「まあそのへんで勘弁していただけると……」と口ごもって会場の笑いを誘う。

「男とは?」の回答を一言で求められた場面では「男とはポマード。やっぱり男しか似合わないし、いざってときはポマード」とコメント。来年へのチャレンジについて聞かれると、「たくさん面白いネタを作り、いつでも梅宮(辰夫)さんを振られても大丈夫なように体も日焼けをし、いろんなことをがんばろうと思います」と意気込んだ。

「GQ MEN OF THE YEAR 2017」受賞結果

インスピレーション・オブ・ザ・イヤー賞

・稲垣吾郎
・草なぎ剛
・香取慎吾

アウトスタンディング・アチーブメント賞

・斎藤工

ブーム・オブ・ザ・イヤー賞

・佐藤天彦

ベスト・スポーツマン・オブ・ザ・イヤー賞

・佐藤琢磨

ミレニアル・インスピレーション賞

・野田洋次郎(RADWIMPS、illion)

アクター・オブ・ザ・イヤー賞

・長谷川博己

ベスト・コメディアン賞

・秋山竜次(ロバート

お笑いナタリーをフォロー