なだぎ武が証言、大阪の老舗ライブハウスで育まれたアングラお笑い文化とは

21

213

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 48 93
  • 72 シェア

11月10日発売予定の書籍「がんばれベアーズ!(BAD NEWS BEARS)(仮) 大阪のカルチャーは、難波ベアーズを中心に回っている。」(DU BOOKS)に、なだぎ武が登場する。

難波ベアーズ(BEARS)

難波ベアーズ(BEARS)

大きなサイズで見る

「がんばれベアーズ!」は、BOREDOMSや少年ナイフといった世界で活躍するアーティストが活動拠点としていた老舗ライブハウス・難波ベアーズ(BEARS)の歴史を辿る書籍。店長・山本精一のインタビュー、鮫肌文殊、吉村智樹、あふりらんぽ石井モタコオシリペンペンズ)などの証言から、難波ベアーズ周辺で生まれた大阪独自の文化に迫る。

難波ベアーズの舞台には、若き日の雨上がり決死隊やバッファロー吾郎も立っていた。本書では、NSCが大阪にしかなかった時代の“アンダーグラウンド”なお笑いカルチャーにも触れている。なだぎ武が語る当時のエピソードとは。

読者の反応

オシリペンペンズ研究会兼タイトルBOT @oshiripenpenz

なだぎ武が証言、大阪の老舗ライブハウスで育まれたアングラお笑い文化とは
https://t.co/NuQ2Pm9vS2 #オシリペンペンズブログタイトル

コメントを読む(21件)

なだぎ武のほかの記事

リンク

関連商品

    がんばれベアーズ!(BAD NEWS BEARS)(仮) 大阪のカルチャーは、難波ベアーズを中心に回っている。

    がんばれベアーズ!(BAD NEWS BEARS)(仮) 大阪のカルチャーは、難波ベアーズを中心に回っている。

    [書籍] 2017年11月10日発売 / DU BOOKS

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 なだぎ武 / 山本精一 / あふりらんぽ / 石井モタコ / オシリペンペンズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。