お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ダウンタウンが万博誘致アンバサダーに就任、松本「浜田さんがノリノリ」

888

「2025 日本万博誘致アンバサダー」に就任した、ダウンタウン。

「2025 日本万博誘致アンバサダー」に就任した、ダウンタウン。

2025年の国際博覧会(通称「2025 日本万国博覧会」)の大阪誘致を盛り上げる「2025 日本万博誘致アンバサダー」に、ダウンタウンが就任。その誘致委員会の発足式典が本日3月27日に都内にて実施され、ダウンタウンも出席した。

誘致委員会を中心に、開催地が決まる来年2018年秋へ向けて競合する他国との誘致レースが展開される。式典に登場したダウンタウン松本は「我々でよかったんですかね? 中川家くらいでよかったんじゃないですか?」とうそぶいてみせたあと、「浜田さん、『大使』とかの肩書き、大好きじゃないですか。ノリノリじゃないですか。僕は今日30分前に入りましたけど、前乗りしてたという話ですよ」と勢いよく相方・浜田をイジってみせる。

自身が小学4年生のときに訪れた1970年の大阪万博を振り返る場面では、松本が「ほとんどのパビリオンが行列で、カナダ館だけ入った。太陽の塔も人気がありすぎた」と語り、浜田も「僕もケニア館くらいしか入れなかった」と振り返る。また「浜田さんのお父さんがペンキ屋さんで『ソ連館』を塗った」と万博との縁を語る松本の話を受け、浜田は「2025年、大阪で実施されたら(父親は)ジジイですけど、ちょっとだけ塗らしてほしい」とリクエストした。

「台本に『フリートーク3分』と書いてあった」(松本)という通りの時間内で万博にまつわる掛け合いを展開するダウンタウン。松本はアンバサダー就任を「東京オリンピック誘致の滝川クリステルみたいな位置」と評した上で、「向こうは『おもてなし』でやってましたから、うちは『なにもなし』!」と宣言する。最後に浜田が「55年ぶりに大阪で万博をやっていただきたい。大阪だけじゃなく日本中を盛り上げる。国を挙げてがんばろう!」と力強く述べると、松本が「2025年までの8年間、あなたが問題を起こさないか心配です」と切り返して会場の笑いを誘った。

お笑いナタリーをフォロー