お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ピース又吉の空中浮遊にティム・バートン「ビューティフル!」

148

空中浮遊のシーンを再現するピース又吉(左上)と、それを見つめるピース綾部(中央)、ティム・バートン(右)。

空中浮遊のシーンを再現するピース又吉(左上)と、それを見つめるピース綾部(中央)、ティム・バートン(右)。

昨日1月30日、映画「ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち」のPRイベントが東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、宣伝隊長のピース、監督のティム・バートンが出席した。

2月3日(金)に全国公開される「ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち」は、周囲になじめない孤独な少年・ジェイクの物語。彼が祖父の死をきっかけにとある小さな島を訪れ、森の奥に佇んでいた古い洋館で“奇妙なこどもたち”に遭遇する様子が描かれる。

ピースは、映画の世界観をイメージした衣装でイベントに登場。又吉が「まずは、相方の綾部さんがまだ日本にいてすみません」と挨拶すると、綾部は間髪入れずに「そこはいいだろ!」とツッコむ。またバートンのファンである2人は「もう終わっちゃうのかってくらい、あっという間の作品」「迫力のあるシーンが多かった」と映画をPRした。

2014年に「ティム・バートンの世界」展のオフィシャルサポーターを務め、監督本人との対面を果たしたピース。昨日のイベントでは、バートンと久々に対面を果たした綾部が「あなたの映画に出てみたいです」と直談判し、「ハチの役とかはどうですか?」と人間以外の役を提案されてしまうひと幕もあった。

その後、又吉が大がかりな装置を使って、劇中に登場する空中浮遊のシーンを再現。このパフォーマンスにバートンは目を見開きながら「ビューティフル!」とコメントするが、綾部は「ちょっとイエス様みたいになっちゃってますけどね」と苦笑いを浮かべていた。

(c)2016 Twentieth Century Fox

お笑いナタリーをフォロー