お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ゴールドラッシュが「トゥインクル1」GP連覇果たすも今立「優勝者が5組出るとは」

263

「トゥインクル1グランプリ2016」で優勝したゴールドラッシュ。

「トゥインクル1グランプリ2016」で優勝したゴールドラッシュ。

トゥインクル・コーポレーションの若手芸人No.1を決める「トゥインクル1グランプリ2016」が昨日11月23日、東京・渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールにて開催され、ゴールドラッシュが優勝。2連覇を果たした。

1回戦では出場者が4ブロックにわかれて2分ネタで勝負。審査員の採点で各ブロックを勝ち上がった芸人と観客投票によって決めた敗者復活組、そして前回王者のゴールドラッシュで決勝を争った。

司会を務めたのはエレキコミックの2人。Aブロックでトップ通過だったはずの南大介がボケのつもりで「このあとバイトがある」と述べたため、やついが機転を利かせて1点差だった藤子を決勝へ進ませようとする。「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」のように「(藤子に)1点あげてあげてよー」とやついが言うと、今立も手伝って「南と藤子のどちらに決勝へ行ってほしいか」という観点で再度審査を行うことに。藤子に多くの手が挙がってしまい、南は“ノリ”ではなく本当に決勝進出の権利を剥奪され、後悔の念を叫びながらステージをあとにした。

序盤から波乱の展開に会場は大盛り上がり。今立は「今の名MCだったね、俺ら」と自画自賛し、やついも「決勝に行きたい人は決勝に行けたし、バイトに行きたい人は行けた」と満足そう。続くBブロックからはカラフルトランプ、Cブロックからはシロたろし、Dブロックからは月見峠が決勝に進出。敗者復活枠はカラフルトランプに1点差で敗れたYes-manが勝ち取った。敗者復活投票2位だった南も特別に決勝進出が認められ、彼は短時間の間に感情をかき乱されたことで表情をぐちゃぐちゃにしながら「もう変なこと言いません!」と謝罪した。

ハイレベルな決勝は審査員たちも採点に苦しんだ様子で、結果は同点2位の3組に2点差をつけたゴールドラッシュの優勝。彼らにはトロフィーと賞金5万円が贈られた。しかしテレビに出演できる「BOOKSTAND賞」(南)や「テレビ東京賞」(カラフルトランプ)など豪華な副賞を獲得していくほかの芸人たちの喜ぶ姿を見たゴールドラッシュは、どんどん顔を曇らせていく。片桐軍団だという山本偉地位は「テレビブロス賞」を獲得し、「今日何もなかったらやめようと思ってた。命をとりとめてもらった」と感謝。「BOOKSTAND賞」の南は「まだ決まってないロケの収録日、バイト入ってない?」と今立に聞かれ「入ってないです!」と力強く答える。また審査員の浦口直樹氏がピックアップしたのはYes-man。高級焼肉に連れていくことを約束している。

やついはどの賞も「優勝と同じだ!」とその豪華さに驚き、今立も「優勝者が5組出るとは、異例の結果ですね!」と大喜び。ついにはやついが「今日優勝した人ー?」と尋ねると、各賞に選ばれた芸人全員が手を挙げてみせ、ゴールドラッシュを困惑させた。

お笑いナタリーをフォロー