お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

“今年もっとも活躍した男”トレエンがこの1年を回想「ペッという間でした」

84

トレンディエンジェル

トレンディエンジェル

本日11月21日、今年もっとも活躍した男性たちに贈られる「GQ MEN OF THE YEAR 2016」の授賞式が都内で行われ、トレンディエンジェルらが出席した。

雑誌「GQ」(コンデナスト・ジャパン)が主催する「GQ MEN OF THE YEAR」は、アメリカで1994年にスタートしたアワード。日本で11回目の開催を迎えた今年は、菅田将暉、渡辺謙、吉川晃司、小澤征爾、柔道家のベイカー茉秋、リオデジャネイロオリンピックの陸上男子400mリレー日本代表選手の飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥、山縣亮太が受賞した。

トレエン斎藤は受賞の喜びについて「素直に『ありが頭皮』と言いたい」とコメント。また相方・たかしは「遠くに住んでいる母親にこの受賞を伝えたい」と語るが、斎藤から「どこに住んでるんですか?」と尋ねられると、「(東京の)小平市です」と即答して会場の笑いを誘った。

また斎藤はこの1年間を「あっという間というか“ペッという間”でした。空いてる時間は本当になくて2時間空いたら超ラッキーというスケジュール。CMもいっぱい出させてもらって、自分の可能性を皆さんに教えていただいた感じです」と回想する。これを受けて司会が斎藤に「来年はどんなジャンルに挑戦したいですか?」と質問すると、たかしが「ワイン」とポツリ。これに対して斎藤は「いや田崎真也さんじゃないんで」とすかさず反応していた。

そのほか、1人ずつ“自分にとってのあるべき男像”を聞かれる場面で2人は「言い訳しない生物(いきもの)」と回答し、斎藤は「僕はスベっても言い訳しません」と断言。しかしその直後、「今日はウケてないですけど、本当にまだ本気出してないんで」とボヤき始め、たかしから「言い訳してんじゃん!」とツッコまれていた。

なお受賞者のインタビューとポートレートを掲載した「GQ JAPAN」1月号が11月24日に発売される。

お笑いナタリーをフォロー