お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

有名人になりたいんです!インディアンス、上京5カ月でルミネ単独ライブに臨む

362

インディアンス。左から田渕、木村。

インディアンス。左から田渕、木村。

インディアンスが9月9日(金)、東京・ルミネtheよしもとにて単独ライブ「インディアンス東京初単独ライブ 東京ラヴァー~え!? この間の単独のタイトル大阪ラヴァーやったのに!?~」を開催する。ルミネtheよしもとの本公演に出演経験のない芸人で、同劇場での単独ライブが決定するのは異例のこと。

インディアンスは今年4月に大阪から上京し、ヨシモト∞ホールのセカンドクラスに所属している。木村にはコンビ結成3年目頃から東京で活動したいという思いがあり、相方・田渕との意見やタイミングが噛み合ってその思いが叶った。

「僕、有名人になりたいんです!」と無邪気に話す木村に、田渕は「無理無理!」とツッコむが「先に東京に行った先輩に大阪よりはチャンスがあると聞いて。漫才も続けていきたいしライブも出たいんですけど、メディア露出の機会がほしかったんです」と上京の理由を明かす。木村も「大阪おったら『最後東京があるしな』っていう言い訳がある。『東京行ったら売れるんちゃうか』っていう。でも実際に来てみたら場所を替えただけなのでそんなことなくて。ただ、いいことは、うしろからずっとチクチクされてる感じがするんです。『お前らもう後ないからな!』って。余計にがんばれるきっかけにはなりました」と語った。

東京での活動は順調で、「東京の同期(NSC東京校14期)が仲良くしてくれるので、わりとすぐ馴染めた」(木村)、「大阪時代、劇場に所属するのも苦労したので、東京でも1からやっていくのは難しいのかなとか、『コテコテなやつ来たな』とか思われるんかなと不安もあったんですけど、お客さんがすごくフラットに見てくれて。芸人さんもお客さんも受け入れてくれたっていうのはすごい助かりました」(田渕)と居心地も悪くない。田渕はアンタッチャブル山崎にキャラが似ていると言われることが多く、「近い将来共演するのが夢」だ。一方の木村のキャラについては、田渕が「仏の(笑い飯)哲夫さんが唯一、雰囲気だけで『こいつよくない奴』って決めつけたのがきむ(木村)。国によっては捕まるくらい天然やし、むちゃくちゃなんですよ」と紹介。今後は2人の素のキャラクターが発揮される場面にも注目だ。

単独ライブでは3本以上の新ネタを披露する予定で、企画コーナーも考案中。ゲストの予定はなく、2人きりで約1時間、駆け抜ける。チケットはチケットよしもとなどで販売中。

インディアンス コメント

木村:僕らもお客さんより楽しめるようにがんばるので、元気で、えーっとワクワクな……
田渕:お前に元気がないなあ! なんか訃報でも入ったん!?
木村:(笑)。ここ何年か分の嫌なこと忘れるくらい素敵で面白い単独にします!
田渕:ローテーションの一角を担ってはったし、重みのあるストレートが売りで……。あ、すみません! 意気込みじゃなくて元阪神の中込(伸)の話しちゃいました! こんなことを言うライブです。がんばります!

インディアンス東京初単独ライブ 東京ラヴァー~え!? この間の単独のタイトル大阪ラヴァーやったのに!?~

日時:2016年9月9日(金)20:00開場 20:30開演
会場:東京・ルミネtheよしもと
料金:前売1500円 当日1800円

お笑いナタリーをフォロー