バナナマン扮するT-STYLEが渋谷に!歓声が曲をかき消す熱狂ステージ

1837

昨日2月20日、バナナマン扮する音楽ユニット・T-STYLEが東京・タワーレコード渋谷店で観覧フリーのミニライブを行った。

ミニライブを行ったT-STYLE。

ミニライブを行ったT-STYLE。

大きなサイズで見る(全15件)

このライブは大々的な告知はされず、ホリプロコムの公式サイトなどでひっそりと開催の旨が発表されていたもの。それにも関わらず、イベントスペースには300人を超えるファンが駆けつけ、その人だかりは店外まであふれ出していた。

「T-BACK」を披露するT-STYLE。

「T-BACK」を披露するT-STYLE。

T-STYLEのデビュー曲「T-BACK」のイントロが流れ始め、2人がダンサーを引き連れてステージに登場すると、観客たちからは曲をかき消すほどの大歓声が。いきなり最高潮に達した会場のボルテージに呼応するようにボーカル・ティムラはキレキレのダンスを披露。またDJのティタラもノリノリでサンプラーを連打する。

トーク中のT-STYLE。

トーク中のT-STYLE。

曲が終了するとティムラが「ようこそお越しくださいました、T-STYLEでーす!」と挨拶。自己紹介では2人の名前をHIMUとSHITAからティムラとティタラに変更したことを説明する。さらにティムラは「我々をバナナマンなんじゃないかと言う人たちがいるんですが、まったくの別人なんです! 我々はミュージシャンなんだ! そうだよな、DJティタラ!」と宣言するが、ティタラは「あっ、バナナマンです」とあっさり正体を明かし笑いを誘った。

次に2人は新曲「僕のT-BACKを君に」を披露。バラード調の曲をしっとりと歌い上げるティムラに会場からは自然と手拍子が。「バラードでやることないから俺、タバコ吸いに行ってていい?」と言っていたティタラも要所要所に「YEAH!」「カモン!」などの音声を挟み、しっかりと曲を盛り上げていた。

2回目の「T-BACK」を披露するT-STYLE。

2回目の「T-BACK」を披露するT-STYLE。

その後、T-STYLEはサイン入りのポスターを3名にプレゼントする抽選会を行い、もう1度「T-BACK」を歌ってライブを締めくくることに。再び高いテンションで場内を沸かせる2人だったが、ティタラがラストの決めゼリフである「ラブ&ピース」をド忘れしてしまう。ティムラから「なぜラブ&ピース言わない! 1回目も言わなかったからな!」と指摘されると「ごめん、忘れてた! ラブ&ピース!」と改めてピースサイン。最後は2人で「雨の中、ありがティーございましたー!」と挨拶し、会場をあとにした。

この記事の画像(全15件)

リンク

関連記事