お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

モンブランズが相澤の芸人引退に伴い解散、南は活動継続

262

モンブランズが本日1月31日をもって解散することを、所属事務所のトゥインクル・コーポレーションが発表した。

モンブランズは美術系の専門学校で出会い、2006年10月にコンビ結成。熱のこもったコントを持ち味とし、精力的にライブ活動を行っていた。2014年には南の出身地である岡山県久米南町の「ふるさと大使」に就任。また南はラーメンズ小林賢太郎の公演で演出助手やキャストを務め、相澤は4コママンガやLINEスタンプの制作などイラスト関連の仕事にも力を注いできた。

解散は相澤が芸人を引退することに伴うもの。トゥインクル・コーポレーションのオフィシャルサイトには2人のコメントが掲載されており、相澤は「コントは今も大好きです。しかし芸人は引退します。決めました。ごめんなさい。引退後もイラストを描いたりや、ものづくりは続けていくつもりです」と今後について言及している。また「芸人として本当に楽しい10年間でした! そして、これからも相方を応援してください!」とも。

芸能活動を続ける南は「相澤と僕でなければ生み出せなかった笑いがあって、まだやってないけど今度チャレンジしようと思ってたことが山ほどあって、正直悔しいです」と本音を吐露しつつ、「相澤のおかげでたくさん成長させてもらいました。芸人として人として成長させてくれました。芸人をやめても面白いヤツでいてください。いや多分、面白いヤツでいるでしょう。今まで本当にありがとう」と感謝を綴っている。

お笑いナタリーをフォロー