お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ゴリが映画「ファンタスティック・フォー」吹き替え挑戦、竹若も実力認める

57

映画「ファンタスティック・フォー」の公開アフレコオーディションイベントに出演した(左から)バッファロー吾郎・竹若、ガレッジセール・ゴリ、なかやまきんに君、マテンロウ・アントニー。

映画「ファンタスティック・フォー」の公開アフレコオーディションイベントに出演した(左から)バッファロー吾郎・竹若、ガレッジセール・ゴリ、なかやまきんに君、マテンロウ・アントニー。

映画「ファンタスティック・フォー」の公開アフレコオーディションイベントが昨日9月14日に都内にて行われ、ザ・シング役の日本語吹き替え版声優をガレッジセール・ゴリが務めることが発表された。

ジョシュ・トランク監督の「ファンタスティック・フォー」は来月10月9日(金)、東京・TOHOシネマズ日劇ほかにて全国公開されるエンタテインメント作品。昨日のイベントでは、岩の塊のようなビジュアルを持つザ・シング役の声優を決めるべく、なかやまきんに君マテンロウ・アントニーが公開オーディションに臨んだ。アメコミ通として知られるバッファロー吾郎・竹若がMCを、映画に精通するゴリが審査員を務める中、きんに君とアントニーは自己アピールをしたものの、演技力不足などを理由に不合格と判定される。そこでアントニーが「ゴリさんがやってみてくださいよ!」とけしかけると、ゴリは完璧なアフレコを演じてみせ、審査員でありながらもオーディションに合格するというどんでん返しを繰り広げた。

ゴリはザ・シングについて「見た目はいかついんですが、心が優しくて一番好き。ゴツゴツしていて他人とは思えません(笑)」と評したほか、「どのような立場の人が観ても若者達の葛藤や苦悩に共感できると思います。異次元空間などの映像やアクションがとてもすごく、こんな世界があるんだというある種の感動を覚えます」と作品をPR。ゴリの声優ぶりに関して竹若は、「過去の芸人の中でも一番うまかったようです。ゴリさんがやっていると言わないとわからないほどだと思います」とその実力を認めた。

お笑いナタリーをフォロー