お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

デニス植野が「ホビット」試写会へ、コスプレのクオリティの低さに会場から悲鳴

41

「ホビット 決戦のゆくえ」のDVD&Blu-rayリリース記念特別試写会に出席したJOY(左)とデニス植野(右)。

「ホビット 決戦のゆくえ」のDVD&Blu-rayリリース記念特別試写会に出席したJOY(左)とデニス植野(右)。

映画「ホビット 決戦のゆくえ」のDVD&Blu-rayリリース記念特別試写会が昨日4月22日に都内にて行われ、デニス植野とJOYが出席した。

「ホビット 決戦のゆくえ」は、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の前日譚を描く「ホビット」3部作の最終章。イベントには本作の主役であるビルボ・バギンズのコスプレをした植野、エルフ族の姫・ガラドリエルに扮したJOYが登場するも、そのクオリティの低さに会場からは歓声ではなく悲鳴があがる。JOYは「ビルボだったらヒゲ剃らなきゃダメでしょ! 中東の作曲家みたいだよ!」と植野の姿を酷評した。

シリーズを振り返りJOYは、「とにかくアクションがすごい。ファンタジー作品の中で一番の作品です」と熱く語る。一方、植野は「『ホビット』の前の『ロード・オブ・ザ・リング』は元カノと観に行ってました。でもその彼女はメキシコ留学に行っちゃって、『メキシコ人と付き合うから』ってフラれたんです」と過去の恋愛を思い出して悲しげな表情に。

本作について2人は「前半から、もうクライマックスのようにスケール感がすごく、涙あり、感動あり! 自分も一緒に冒険している気分になれるすごい作品!」と絶賛している。

「ホビット 決戦のゆくえ」のDVDとBlu-rayは販売&レンタル中。

お笑いナタリーをフォロー