ホリケン×流れ星瀧上が即興漫才、乱入ドッキリに瀧上パニック

319

本日4月19日、お笑いイベント「下北沢大興行」の1つとして「ホリケン寄席」と銘打ったネタライブが東京・北沢タウンホールにて開催。ネプチューン堀内、流れ星、しずる鳥居みゆきずんスピードワゴングレート義太夫シソンヌがネタを披露した。

「ホリケン寄席」で即興漫才を披露するネプチューン堀内と流れ星・瀧上(左から)。

「ホリケン寄席」で即興漫才を披露するネプチューン堀内と流れ星・瀧上(左から)。

大きなサイズで見る(全20件)

本ライブ主催の堀内は冒頭で「わかりやすく言えば、銀行がお金を貸してくれなさそうな芸風の……、忘れ物したときに靴のまま取りに戻っちゃうような、葉っぱを食べているような、そんなメンバーを僕が集めました」と説明。「僕も途中で帰っちゃうかもしれません」とホリケンワールド全開で会場を盛り上げた。

ネプチューン堀内と流れ星・瀧上の即興漫才の様子。

ネプチューン堀内と流れ星・瀧上の即興漫才の様子。[拡大]

最大の数字を引き当てて堀内の相方に決定した瀧上(中央)。

最大の数字を引き当てて堀内の相方に決定した瀧上(中央)。[拡大]

7組がネタを終えると、満を持して堀内が1人でステージに登場。センターマイクの前に立ち、「こんばんは、綾野剛です」と挨拶するが、「やっぱり1人じゃダメだ。ちょっとみんな集まって!」と出演者たちを檀上に集合させる。そこから全員で堀内が用意したくじを引き、一番大きな数字が書かれた紙を引いた人が堀内のツッコミ役を担当することになった。

予測がつかない事態を受けて出演者たちに戦慄が走る中、流れ星・瀧上が34万1900という莫大な数字を引き当てて堀内の相方に決定。ネタ合わせもしないまま「下北沢やすべえ・あっかんべえ」として堀内独壇場の漫才が行われた。途中、「下北沢って言うのが恥ずかしいから肩を貸して」と背後に回った堀内に足を持ち上げられてしまった瀧上が「芸人15年やってきて一番恥ずかしい」と顔を覆う場面も。

さらに漫才の途中で突如、「ホリケン、写真撮ってくれよ!」と客席からステージに上がってくる男性が出現。客席が不穏な空気に包まれるが、彼の「写真を撮ってくれたホリケンはやっぱりいい人だー!」のひと声で突如「ホリケンサイズ」の曲がかかり、堀内が全力でホリケンサイズの振り付けを踊りだす。最後の決めポーズとともに「ツッコんで!」と瀧上にリクエストするが、振り回され通しの瀧上はステージの端で頭を抱えてしまい、「もう瀧上パニックだよ!」と肩を落としていた。

この記事の画像(全20件)

ネプチューンのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ネプチューン / 流れ星☆ / しずる / 鳥居みゆき / ずん / スピードワゴン / シソンヌ / グレート義太夫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。