お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

8.6秒バズーカー、給料に理解示す元NSC生・鬼龍院翔を「直属の先輩!」

89

ゴールデンボンバーの目の前でネタを披露する8.6秒バズーカー。

ゴールデンボンバーの目の前でネタを披露する8.6秒バズーカー。

昨日4月9日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の公開に先がけた「日本語吹替え版お披露目イベント」が実施され、サプライズゲストとして8.6秒バズーカーが登場した。

本作の日本語吹替え版には、ゴールデンボンバーが物語には関わりの薄い“ガヤ”の役で出演している。パーティ会場がパニックに陥るシーンの収録中、彼らが「ちょっと待って! ちょっと待って!」「お兄さん!」などとアドリブで発言していたことから、本日のイベントに8.6秒バズーカーが参加。ネタを披露したほか、ゴールデンボンバーとのトークを展開した。

8.6秒バズーカーは「僕らもハリウッドデビューできたってことですね!」とゴールデンボンバーのアドリブに喜ぶも、司会から「ちょっと待ってお兄さん」を言っていたバージョンが不採用になっていたことが明かされ、「ええー!!」と愕然。客席から笑いが起こる中、歌広場淳(Be-su)には「ほんとに何しに来たの……?」、鬼龍院翔(Vo-karu)には「もう帰っていいよ(笑)」と冷たい言葉をかけられる。

またネタの中で「印税、年間、数億」とゴールデンボンバーをイジって笑いを誘ったシングルは、「僕ら吉本興業っていう会社にいるんですけど、ゴールデンボンバーさんはそういった会社を通さずにすごい額をもらっているそうで(笑)」と羨ましそう。鬼龍院が「僕もNSC(吉本総合芸能学院)にいたので、どれほど給料が違うかってのはわかってます(笑)」と理解を見せると、「直属の先輩と言っても過言ではないですね!」と好意を寄せていた。

お笑いナタリーをフォロー